「来る」は韓国語で「오다オダ」!意味と使い方を例文で覚えよう!

「来る」の韓国語

「来る」は韓国語で「오다オダ」と言います。

「ワッソ(来たよ)」や「ワッタ(来た)」という言葉を韓国ドラマで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

今回は「来る」の韓国語「오다オダ」の様々な活用形と使い方を例文でお伝えしていきたいと思います!

오다オダ」の使い方をマスターすれば「来て」や「来るの?」など日常会話ですぐに使えるようになりますよ!

 

「来る」の韓国語活用一覧

使いたい形をすぐに使えるように、「来る」の韓国語「오다オダ」の活用を一覧にしました。

詳しい解説を見たいものがあれば、リンクをクリックして解説をお読みください。

活用形 現在形
오다オダ
過去形
왔다ワッタ
否定形
안 오다アン オダ
ヘヨ体
(丁寧)
와요ワヨ
来ます
왔어요ワッソヨ
来ました
안 와요アン ワヨ
来ません
ハムニダ体
(より丁寧)
옵니다オムニダ
来ます
왔습니다ワッスムニダ
来ました
안 옵니다アン オムニダ
来ません
パンマル
(タメ口)

来るよ
왔어ワッソ
来たよ
안 와アン ワ
来ないよ
リンク 現在形の解説を見る 過去形の解説を見る 否定形の解説を見る
活用形 意志/推量形
오겠다オゲッタ
進行形
오고 있다オゴ イッタ
命令形
(丁寧な依頼)
ヘヨ体
(丁寧)
오겠어요オゲッソヨ
来ます
오고 있어요オゴ イッソヨ
来ています
오세요オセヨ
来てください
ハムニダ体
(より丁寧)
오겠습니다オゲッスムニダ
来ます
오고 있습니다オゴ イッスムニダ
来ています
오십시오オシプシオ
来てください
パンマル
(タメ口)
오겠어オゲッソ
来るよ
오고 있어オゴ イッソ
来てるよ

来て
リンク 意志/推量形の解説を見る 進行形の解説を見る 命令形の解説を見る
活用形 疑問形 願望形
오고 싶다オゴ シプタ
ヘヨ体
(丁寧)
와요ワヨ?
来ますか?
오고 싶어요オゴ シッポヨ
来たいです
ハムニダ体
(より丁寧)
옵니까オムニカ?
来ますか?
오고 싶습니다オゴ シプスムニダ
来たいです
パンマル
(タメ口)
?
来る?
오고 싶어オゴ シッポ
来たい
リンク 疑問形の解説を見る 願望形の解説を見る

 

韓国語の動詞の活用で押さえておくべきなのが「語幹」です。

語幹に様々な活用語尾を付けるからです。

参考 語幹と語尾について

語幹とは単語が活用変化する時に変化しない部分の事です。例えば日本語の「読む」という単語の場合、「読みます」「読まない」など「読」の部分は変わらないので語幹、変化する「む」の部分を語尾と呼びます。

韓国語の動詞と形容詞の基本形は「~」で、「~」の部分を語幹、「」の部分が語尾です。

오다オダ」の語幹は「」の部分になります。

 

それでは、それぞれの活用について解説していきたいと思います。

 

現在形の活用

活用形 現在形
오다オダ
ヘヨ体
(丁寧)
와요ワヨ
来ます
ハムニダ体
(より丁寧)
옵니다オムニダ
来ます
パンマル
(タメ口)

来るよ

오다オダ」はヘヨ体に変化する時に「아요アヨ」がつく動詞です。

母音「と「아요アヨ」の「」が合体して「와요ワヨ」となります。(「」合体型)

ハムニダ体の時はそのまま語幹の後ろに「-ㅂ니다ムニダ」を付けるだけです。

 

ヘヨ体 ハムニダ体とは

「ヘヨ体」「ハムニダ体」というのは、動詞や形容詞などの語尾を「~です、ます」という丁寧な表現に変える活用法。ヘヨ体は語尾を「~」という形に、ハムニダ体は「~ㅂ니다/습니다ムニダ スムニダ」という形に変えます。

ex.ヘヨ体・ハムニダ体の例

カダのヘヨ体 カダのハムニダ体

 

「ヘヨ体」と「ハムニダ体」の作り方にはルールがあります。詳しく知りたい方は各記事をご覧ください。

 

パンマルはヘヨ体から「」をとると出来ます。

パンマルの作り方や種類は以下の記事でご覧ください。

 

過去形の活用

活用形 過去形
왔다ワッタ
ヘヨ体
(丁寧)
왔어요ワッソヨ
来ました
ハムニダ体
(より丁寧)
왔습니다ワッスムニダ
来ました
パンマル
(タメ口)
왔어ワッソ
来たよ

오다オダ」の過去形は「았어요アッソヨ(ヘヨ体)」「았습니다アッスムニダ(ハムニダ体)」を付けて作ります。

ここでも現在形の変化と同じように「」と合体します。過去形の場合はハムニダ体も合体形です。

 

過去形の作り方の基本は以下の記事をご覧ください。

 

否定形の活用

活用形 否定形
안 오다アン オダ
ヘヨ体
(丁寧)
안 와요アン ワヨ
来ません
ハムニダ体
(より丁寧)
안 옵니다アン オムニダ
来ません
パンマル
(タメ口)
안 와アン ワ
来ないよ

오다オダ」の否定形は「アン」を前に付けて作ります。

否定形の作り方は「語幹+지 않다チアンタ」という形もあり、「アン」を使えない形容詞などで使います。

 

それぞれの違いと使い方は以下の記事で解説しています。

 

意志/推量形の活用

活用形 意志/推量形
오겠다オゲッタ
ヘヨ体
(丁寧)
오겠어요オゲッソヨ
来ます
ハムニダ体
(より丁寧)
오겠습니다オゲッスムニダ
来ます
パンマル
(タメ口)
오겠어オゲッソ
来るよ

意志や推量を表す文法は「ケッ」です。

 

ヘヨ体は「겠어요ケッソヨ」、ハムニダ体は「겠습니다ケッスムニダ」という形になります。

これらをそのまま語幹に付けるだけでOKです。

 

進行形の活用

活用形 進行形
오고 있다オゴ イッタ
ヘヨ体
(丁寧)
오고 있어요オゴ イッソヨ
来ています
ハムニダ体
(より丁寧)
오고 있습니다オゴ イッスムニダ
来ています
パンマル
(タメ口)
오고 있어オゴ イッソ
来てるよ

「〜している」という文法は「語幹+고 있다コイッタ」です。

後ろの「있다イッタ」を活用して「있어요イッソヨ」「있습니다イッスムニダ」となります。

これらをそのまま語幹に付けるだけでOKです。

 

命令形(丁寧な依頼・要求)の活用

活用形 命令形
(丁寧な依頼)
ヘヨ体
(丁寧)
오세요オセヨ
来てください
ハムニダ体
(より丁寧)
오십시오オシプシオ
来てください
パンマル
(タメ口)

来て

命令形と言うより「〜してください」という依頼や要求と言った方が適切です。

(으)세요ウセヨ(ヘヨ体)」「(으)십시오ウシプシオ(ハムニダ体)」という形になります。

これらをそのまま語幹に付けるだけでOKです。

 

各種の命令形の作り方は以下の記事で解説しています。

 

疑問形の活用

活用形 疑問形
ヘヨ体
(丁寧)
와요ワヨ?
来ますか?
ハムニダ体
(より丁寧)
옵니까オムニカ?
来ますか?
パンマル
(タメ口)
?
来る?

疑問文にする時は、ハムニダ体だけ文末が変わって「」になります。

その他は「?」を付けるだけです。

過去形や否定形、進行形になっても疑問文の作り方は変わりません。

 

以下の記事では疑問文の作り方のまとめとよく使う疑問詞をご紹介しています。

 

願望形の活用

活用形 願望形
오고 싶다オゴ シプタ
ヘヨ体
(丁寧)
오고 싶어요オゴ シッポヨ
来たいです
ハムニダ体
(より丁寧)
오고 싶습니다オゴ シプスムニダ
来たいです
パンマル
(タメ口)
오고 싶어オゴ シッポ
来たい

「〜したい」という願望を表す文法は「動詞の語幹+고 싶다コ シプタ」です。

後ろの「싶다シプタ」を活用して「싶어요シッポヨ」「싶습니다シプスムニダ」となります。

これらをそのまま語幹に付けるだけでOKです。

 

「来る」の韓国語「オダ」を使った例文

活用を見てきたところで、実際の文章の中での使い方を例文で見てみましょう。

 

今日来るんですか?

오늘 와요オヌル ワヨ?

「今日」は「오늘オヌル」と言います。

 

今から来るよね?

지금부터 오지チグムプト オジ?

」は「〜だよね」という表現です。

 

ここによく来るんですか?

여기 자주 와요ヨギ チャジュ ワヨ?

「ここ」は「여기ヨギ」、「자주チャジュ」は「よく、頻繁に」という意味です。

 

早く来て!

빨리 와パルリ ワ!

「早く」は「빨리パルリ」です。その他にも「早く」の表現を以下でご紹介しています。

 

明日は来れないです

내일은 올 수 없어요ネイルン オルス オプソヨ.

「〜出来ない」は「ㄹ 수 없다ル ス オプタ」という文法になります。

 

後で来るかな?

이따 와イッタ ワ?

「後で」は「이따イッタ」と言います。

 

ただいま

왔어ワッソ.

왔어ワッソ(来たよ)」で「ただいま」という言い方になります。

「ただいま」「おかえり」の様々な言い方を以下でご紹介しています。

 

「来る」の韓国語まとめ

今回は「来る」の韓国語の活用と使い方をお伝えしました。

最後にポイントをまとめておきます。

  • 「来る」の韓国語は「오다オダ
  • 오다オダ」のヘヨ体は「ア合体型」で「와요ワヨ
  • 「ただいま」は「왔어ワッソ

 

오다オダ」は日常会話で非常によく使う動詞の一つ。

ドラマでも頻繁に出てくるので、活用も覚えて直接聞き取ってみてくださいね!

 

「来る」と一緒に覚えたいのが「行く」という動詞。

「行く」の韓国語と使い方は以下で例文と一緒に解説しています。

 

また、「오다オダ」と同じ活用の変化をする動詞に「보다ボダ(見る)」という動詞があります。

오다オダ」の活用を覚えたらすぐに覚えられるので、こちらもぜひご覧くださいね!

友だち追加

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります