韓国語の過去形【았다/었다】(〜しました、〜でした)の作り方

過去形の作り方

韓国語の文法の中で「過去形」が苦手という人が意外に多いです。

その理由は、過去形の作り方のパターンが多いからなかなか覚えられないというものです。

しかし、韓国語の過去形は作り方のポイントさえうまく整理してあげれば習得は難しくありません。

 

韓国語の過去形(〜した、〜だった)の作り方の基本パターンは「語幹+았다/었다アッタ オッタ」。

これをベースに状況に応じた様々なパターンに分かれています。

 

今回は、韓国語の過去形の作り方の全パターンをわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

過去形の活用を身につけることで、韓国人の友達と顔を合わせるたびに、先週・先月やったことまで会話の幅を広げれますよ!

 

ヘヨ体の過去形「았어요/었어요アッソヨ オッソヨ」の作り方

韓国語の過去形の基本パターンは「語幹+았다/었다アッタ オッタ」ですが、会話をする場合にはこのままの形では使えません。

動詞、形容詞を「〜します、〜です」と丁寧な文末表現にする方法は2つあり、1つを「ヘヨ体」、もう1つを「ハムニダ体」と言います。

ヘヨ体よりハムニダ体の方が、よりかしこまった固い表現になります。

 

韓国語の過去形の丁寧な表現「〜しました、〜でした、」にも「ヘヨ体」と「ハムニダ体」の2つがあります。

ここではまず「ヘヨ体」の過去形の作り方から説明していきたいと思いますが、実は「ヘヨ体」は現在形と過去形の作り方のパターンがほぼ全て同じ。

「ヘヨ体の作り方がまだ分からないわ」という方は、まず下記の記事をご覧いただくと過去形の作り方がより理解しやすいと思います。

 

現在形のヘヨ体の作り方の基本形は「語幹 + 아요/어요アヨ オヨ」ですが、過去形のヘヨ体の場合は「語幹+았어요/었어요アッソヨ オッソヨ」になります。

 

았어요/었어요アッソヨ オッソヨ」のどちらを付けるかは以下のルールに従います。

  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」の場合→았어요(アッソヨ)をつける
  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」以外の場合→었어요(オッソヨ)をつける
参考

語幹とは単語が活用変化する時に変化しない部分の事です。例えば日本語の「走る」という単語の場合、「走ります」「走らない」など「走」の部分は変わらないので語幹になります。

 

韓国語の基本形は「〜다(タ)」で「〜」の部分を語幹、「다」部分を語尾と呼びます。

例えば「먹다モクタ(食べる)」という動詞の場合、「モク」が語幹で「」が語尾です。

モクタ基本形

 

また、語幹にパッチムがある場合とない場合によって変化のパターンが異なります。

パッチムとは

パッチムというのは、ハングル文字で「子音+母音」の後に来る最後の「子音(終声)」の事です。

ex.パッチムを持つハングル文字

横型のパッチム例

以下の記事でパッチムについてより詳しく知りたい方のために解説しています。

 

語幹にパッチムがある場合の作り方

語幹にパッチムがある場合は、例外を除いて基本的には「語幹+았어요/었어요アッソヨ オッソヨ」でOKです。

語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)、ㅗ(オ)」の場合

この場合は「語幹+았어요(アッソヨ)」になります。

語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」や「ㅗ(オ)」の動詞・形容詞には以下のようなものがあります。

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。

動詞の例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹の最後の母音 ヘヨ体の過去形 意味
받다(パッタ)
受ける
받(다) ㅏ(ア) 받았어요(バダッソヨ) 受けました
놀다(ノルダ)
遊ぶ
놀(다) ㅗ(オ) 놀았어요(ノラッソヨ) 遊びました

 

形容詞の例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹の最後の母音 ヘヨ体の過去形 意味
좋다(チョッタ)
良い
좋(다) ㅗ(オ) 좋았어요(チョアッソヨ) 良かったです
많다(マンタ)
多い
많(다) ㅏ(ア) 많았어요(マナッソヨ) 多かったです

 

語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)、ㅗ(オ)」以外の場合

この場合は「語幹+었어요(オッソヨ)」になります。

語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)、ㅗ(オ)」以外の動詞・形容詞には以下のようなものがあります。

動詞の例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹の最後の母音 ヘヨ体の過去形 意味
읽다(イクタ)
読む
읽(다) ㅣ(イ) 읽었어요(イルゴッソヨ) 読みました
먹다(モクタ)
食べる
먹(다) ㅓ(オ) 먹었어요(モゴッソヨ) 食べました

 

形容詞の例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹の最後の母音 ヘヨ体の過去形 意味
길다(キルダ)
長い
길(다) ㅣ(イ) 길었어요(キロッソヨ) 長かったです
맛있다(マシッタ)
美味しい
맛있(다) ㅣ(イ) 맛있었어요(マシッソッソヨ) おいしかったです

 

例外的な変化をする動詞

語幹のパッチムが「ティグッ」で語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)、ㅗ(オ)」以外だった場合、パッチム「ティグッ」が「リウル」に変化し「었어요(オッソヨ)」がつきます。

これを「リウル変則活用」と呼びます。

動詞の例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹の最後の母音 ヘヨ体の過去形 意味
듣다(トゥッタ)
聞く
듣(다) ㅡ(ウ) 들었어요(トゥロッソヨ) 聞きます
걷다(コッタ)
歩く
걷(다) ㅓ(オ) 걸었어요(コロッソヨ) 歩きます

 

 

語幹にパッチムがない場合の作り方

語幹にパッチムがない場合、つまり語幹の最後が母音で終わる場合は、「았어요(アッソヨ)の「아(ア)」や「었어요(オッソヨ)」の「어(オ)」の縮約が起こります。

 

この縮約には以下の3パターンがあります。

  • 「아(ア)」や「어(オ)」が語幹の最後の母音と合体するパターン
  • 「아(ア)」や「어(オ)」が吸収されるパターン
  • 「ㅡ(ウ)」が脱落するパターン(으変則活用)

それぞれのパターンを実際の例をあげながら説明していきますね。

 

・語幹の最後の母音との合体型

語幹の最後の母音が「ㅗ(オ)」「ㅣ(イ)」「ㅜ(ウ)」「ㅚ(ウェ)」のいずれかの場合、合体の縮約を起こします。

母音のパターン 縮約後
ㅗ(オ)+았어요(アッソヨ) 왔어요(ワッソヨ)
ㅣ(イ)+었어요(オッソヨ) 였어요(ヨッソヨ)
ㅜ(ウ)+었어요(オッソヨ) 웠어요(ウォッソヨ)
ㅚ(ウェ)+었어요(オッソヨ) 왰어요(ウェッソヨ)

 

 

ㅗ(オ)+았어요(アッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+았어요(アッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
오다(オダ)
来る
오(다) 오(オ)+았어요(アッソヨ) 왔어요(ワッソヨ) 来ました
나오다(ナオダ)
出てくる
나오(다) 나오(ナオ)+았어요(アッソヨ) 나왔어요(ナワッソヨ) 出てきました

 

ㅣ(イ)+었어요(アッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
마시다(マシダ)
飲む
마시(다) 마시(マシ)+었어요(オッソヨ) 마셨어요(マショッソヨ) 飲みました
가르치다(カルチダ)
教える
가르치(다) 가르치(カルチ)+었어요(オッソヨ) 가르쳤어요(カルチョッソヨ) 教えました

 

ㅜ(ウ)+었어요(オッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
배우다(ベウダ)
学ぶ
배우(다) 배우(ベウ)+었어요(オッソヨ) 배웠어요(ベウォッソヨ) 学びました
추다(チュダ)
踊る
추(다) 추(チュ)+었어요(オッソヨ) 췄어요(チュオッソヨ) 踊りました

 

ㅚ(ウェ)+었어요(オッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
되다(トェダ)
なる
되(다) 되(トェ)+었어요(オッソヨ) 됐어요(トェッソヨ) なりました
뵈다(ポェダ)
お会いする
뵈(다) 뵈(ポェ)+었어요(オッソヨ) 뵀어요(ポェッソヨ) お会いしました

 

「아(ア)」や「어(オ)」の吸収型

語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」「ㅓ(オ)」「ㅐ(エ)」「ㅔ(エ)」「ㅕ(ヨ)」のいずれかの場合、「았어요(アッソヨ)の「아(ア)」と「었어요(オッソヨ)」の「어(オ)」は吸収されます。

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。

ㅏ(ア)+았어요(アッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+았어요(アッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
가다(カダ)
行く
가(다) 가(カ)+았어요(アッソヨ) 갔어요(カッソヨ) 行きました
사다(サダ)
買う
사(다) 사(サ)+았어요(アッソヨ) 샀어요(サッソヨ) 買いました

 

ㅓ(オ)+었어요(オッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
서다(ソダ)
立つ
서(다) 서(ソ)+었어요(オッソヨ) 섰어요(ソッソヨ) 立ちました

 

ㅐ(エ)+었어요(オッソヨ)の動詞例
動詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
보내다(ポネダ)
送る
보내(다) 보내(ポネ)+었어요(オッソヨ) 보냈어요(ポネッソヨ) 送りました

 

ㅔ(エ)+었어요(オッソヨ)の形容詞例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
세다(セダ)
強い
세(다) 세(セ)+었어요(オッソヨ) 셌어요(セッソヨ) 強かったです

 

ㅕ(ヨ)+었어요(オッソヨ)の形容詞例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
켜다(キョダ)
つける
켜(다) 켜(キョ)+었어요(オッソヨ) 켰어요(キョッソヨ) つけました

 

「ㅡ(ウ)」の脱落型

語幹の最後の母音が「ㅡ(ウ)」の場合、その「ㅡ(ウ)」は脱落して、「았어요(アッソヨ)」か「었어요(オッソヨ)」が付きます。

았어요/었어요アッソヨ オッソヨ」のどちらを付けるかは以下のルールに従います。

  • 「ㅡ(ウ)」の1つ前の母音が「ㅏ」もしくは「ㅗ」の場合→았어요(アッソヨ)をつける
  • 「ㅡ(ウ)」の1つ前の母音が「ㅏ」もしくは「ㅗ」以外の場合→었어요(オッソヨ)をつける
  • 語幹が1文字の場合→었어요(オッソヨ)をつける

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。

「ㅡ(ウ)」の1つ前の母音が「ㅏ」もしくは「ㅗ」の形容詞例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+았어요(アッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
바쁘다(バップダ)
忙しい
바쁘(다) 바쁘(バップ)+았어요(アッソヨ) 바빴어요(パッパッソヨ) 忙しかったです

 

「ㅡ(ウ)」の1つ前の母音が「ㅏ」もしくは「ㅗ」以外の形容詞例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
예쁘다(イェップダ)
かわいい
예쁘(다) 예쁘(イェップ)+었어요(オッソヨ) 예뻤어요(イェッポッソヨ) 可愛かったです

 

語幹が1文字の場合の形容詞例
形容詞(基本形) 語幹(語尾) 語幹+었어요(オッソヨ) ヘヨ体の過去形 意味
크다(クダ)
大きい
크(다) 크(ク)+었어요(オッソヨ) 컸어요(コッソヨ) 大きかったです

 

「〜하다ハダ」の韓国語の過去形(ヘヨ体)の作り方

「하다(ハダ)」は「する」という動詞ですが、韓国語には「〜하다(ハダ)」という形を持つ動詞と形容詞がたくさんあります。

それらの活用は全て「하다(ハダ)」の活用と同じなので、1つ覚えると全てに使えます。

 

「하다(ハダ)」のヘヨ体の過去形は「했어요(ヘッソヨ)」。

「〜하다(ハダ)」の形を持つ用言には以下のようなものがあります。

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。

動詞の例
動詞(基本形) ◯◯+하다 ◯◯+했어요 ヘヨ体の過去形 意味
운동하다(ウンドンハダ)
運動する
운동+하다 운동(ウンドン)+했어요(ヘッソヨ) 운동했어요(ウンドンヘッソヨ) 運動しました
공부하다(ゴンブハダ)
勉強する
공부+하다 공부(コンブ)+했어요(ヘッソヨ) 공부했어요(コンブヘッソヨ) 勉強しました

 

形容詞の例
動詞(基本形) ◯◯+하다 ◯◯+했어요 ヘヨ体の過去形 意味
조용하다(チョヨンハダ)
静かだ
조용+하다 조용(チョヨン)+했어요(ヘッソヨ) 조용했어요(チョヨンヘッソヨ) 静かでした
심심하다(シムシマダ)
退屈だ
심심+하다 심심(シムシム)+했어요(ヘッソヨ) 심심했어요(シムシメッソヨ) 退屈でした

 

 

ハムニダ体の過去形「았습니다/었습니다アッスムニダ オッスムニダ」の作り方

「〜します、〜です」を表現するもう1つの形「ハムニダ体」の過去形の作り方を解説します。

 

韓国語の過去形の基本形「았다/었다アッタ オッタ」をハムニダ体にする場合は、「語幹+았습니다/었습니다アッスムニダ オッスムニダ」になります。

活用のルールは「ヘヨ体」と考え方が同じです。

았습니다/었습니다アッスムニダ オッスムニダ」のどちらを付けるかは以下のルールに従います。

  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」の場合→았습니다(アッスムニダ)をつける
  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」以外の場合→었습니다(オッスムニダ)をつける

「았습니다(アッスムニダ)」の「아(ア)」や「었습니다(オッスムニダ)」の「어(オ)」の縮約のルールに関しても「ヘヨ体」と全く同じです。

ここでは1つ1つの細かい説明は省きますが、いくつか代表的な動詞、形容詞の活用一覧を記載しておきます。

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。

動詞の活用形一覧
動詞(基本形) パターン種別 現在形(ヘヨ体) 過去形(ヘヨ体) 過去形(ハムニダ体)
가다(カダ)
行く
パッチムなし
+아요アヨ吸収型
가요(カヨ)
行きます
갔어요(カッソヨ)
行きました
갔습나다(カッスムニダ)
行きました
오다(オダ)
来る
パッチムなし
+아요アヨ合体型
와요(ワヨ)
来ます
왔어요(ワッソヨ)
来ました
왔습나다(ワッスムニダ)
来ました
받다(パッタ)
受ける
パッチムあり
+아요アヨ
받아요(パダヨ)
受けます
받았어요(バダッソヨ)
受けました
받았습나다(バダッスムニダ)
受けました
 읽다(イクタ) パッチムあり
+어요オヨ
읽어요(イルゴヨ)
読みます
읽었어요(イルゴッソヨ)
読みました
읽었습나다(イルゴッスムニダ)
読みました
듣다(トゥッタ)
聞く
パッチムあり
+어요 ㄹオヨ リウル変則型
들어요(トゥロヨ)
聞きます
들었어요(トゥロッソヨ)
聞きました
들었습나다(トゥロッスムニダ)
聞きました
걷다(コッタ)
歩く
パッチムあり
+어요 ㄹオヨ リウル変則型
걸어요(コロヨ)
歩きます
걸었어요(コロッソヨ)
歩きました
걸었습나다(コロッスムニダ)
歩きました
추다(チュダ)
踊る
パッチムなし
+어요オヨ合体型
춰요(チュオヨ)
踊ります
췄어요(チュオッソヨ)
踊りました
췄습나다(チュオッスムニダ)
踊りました
마시다(マシダ)
飲む
パッチムなし
+어요オヨ合体型
마셔요(マショヨ)
飲みます
마셨어요(マショッソヨ)
飲みました
마셨습나다(マショッスムニダ)
飲みました

 

形容詞の活用形一覧
形容詞(基本形) パターン種別 現在形(ヘヨ体) 過去形(ヘヨ体) 過去形(ハムニダ体)
좋다(チョッタ)
良い
パッチムあり
+아요アヨ
좋아요(チョアヨ)
良いです
좋았어요(チョアッソヨ)
良かったです
좋았습나다(チョアッスムニダ)
良かったです
크다(クダ)
大きい
パッチムなし
+어요オヨ (으)脱落型
커요(コヨ)
大きいです
컸어요(コッソヨ)
大きかったです
컸습나다(コッスムニダ)
大きかったです
많다(マンタ)
多い
パッチムあり
+아요アヨ
많아요(マナヨ)
多いです
많았어요(マナッソヨ)
多かったです
많았습나다(マナッスムニダ)
多かったです
맛있다(マシッタ)
美味しい
パッチムあり
+어요オヨ
맛있어요(マシッソヨ)
美味しいです
맛있었어요(マシッソッソヨ)
美味しかったです
맛있었습나다(マシッソッスムニダ)
美味しかったです
바쁘다(バップダ)
忙しい
パッチムなし
+아요アヨ (으)脱落型
바빠요(パッパヨ)
忙しいです
바빴어요(パッパッソヨ)
忙しかったです
바빴습나다(パッパッスムニダ)
忙しかったです

 

まとめ

如何だったでしょうか?

今回は、韓国語の過去形の作り方をお伝えしました。

 

少しボリュームが多かったと思うので、過去形の作り方のポイントをまとめておきたいと思います。

  • 韓国語のヘヨ体の過去形の作り方は、「語幹+았어요/었어요アッソヨ オッソヨ
  • 韓国語のハムニダ体の過去形の作り方は、「語幹+았습니다/었습니다アッスムニダ オッスムニダ
  • 「아(ア)」か「어(オ)」のどちらを付けるかは、語幹の最後の母音が「아(ア) 、오(オ)」かそれ以外かで決まる
  • 語幹にパッチムがある場合は通常「았다/었다アッタ オッタ」をそのままつける
  • 語幹にパッチムがない場合は、「아(ア)」や「어(オ)」の縮約が起こる

縮約は以下の3パターン。

  • 「아(ア)」や「어(オ)」語幹の最後の母音と合体するパターン
  • 「아(ア)」や「어(オ)」が吸収されるパターン
  • 「ㅡ(ウ)」が脱落するパターン(으変則活用)

過去形の作り方の基本を押さえたら、今度は具体的に「何月何日に〜した」「何曜日に〜した」などの表現を覚えましょう。

日付や曜日に関する詳しい表現方法は以下の記事でご覧いただけます。

 

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須