「〜の」の韓国語「의エ」を徹底解説!使い方を例文と一緒に覚えよう

「〜の」の韓国語

「〜の」は韓国語で「〜」。

「의」は単体だと「ウィ」という発音ですが、「〜の」と言う場合は「エ」に変わります。

また、「私の」や「あなたの」の言い方には省略形があります。

 

今回は「〜の」の韓国語「」の使い方を例文と一緒に徹底解説したいと思います!

韓国は「ウリ文化(私達文化)」なので、はっきり「私のものだよ!」と言えるようになって、勝手に自分のものを取られちゃわないようにしましょう(笑)

 

「〜の」の韓国語「」の使い方と発音

「〜の」の韓国語「의」は、冒頭でもお伝えした通り、単体で発音すると「ウィ」。

しかし、「〜の」という使い方をする時は「エ」の発音に変化します。

 

「〜」の使い方はとても簡単で、前に単語を引っ付けるだけ。

例えば「誰々の◯◯」という場合は、名前を「〜」の前につければ「(名前)さんの◯◯」という韓国語になります。

以下の例文を見てみましょう。

例文 これはミナさんの本です

이게 미나씨 책이에요イゲ ミナシエ チェギエヨ.

※「本」は韓国語で「チェク」と言います。

例文では人の名前でしたが、それ以外の単語の場合でも作り方は同じです。

 

「私の」「あなたの」は省略形を使う

日常会話の中で最もよく使うのが「私の」や「あなたの」という表現。

「私の」と「あなたの」の作り方も基本的には同じなのですが、省略形が存在します。

」は「チョ(丁寧)」と「(タメ口)」、「あなた」は「」。これらを「(〜の)」とくっつけると以下のようになります。

私の あなたの
「의」とくっつける チョ + =저의チョエ +=나의ナエ +=너의ノエ
省略形 チェ

 

「これは誰のものですか?」と聞かれて「私のものです」と答える時によく使います。

例文
이게 누구 거예요イゲ ヌグコエヨ?

これは誰のですか?

거예요チェ コエヨ.

私のです

「〜のもの」と韓国語で言う場合は「〜의 거エ コ」といいます。

누구ヌグ」は「」という意味です。

 

」は「チョ」と同じ「私」ですが、友達や年下に使うタメ口表現になります。

ところで、「나의ナエ(私の)」の省略形と「너의ノエ(あなたの)」の省略形は、「」と「」で発音はどちらも「ネ」。

ハングルは異なりますが発音は韓国人でも区別が出来ません。

そのため、「あなたの」というばあいは「ニ」と発音する人が多いです。

「私のもの」は「내 거ネコ」、「あなたのもの」は「네 거ニコ」になります。

 

「〜の」の韓国語を使った例文

それでは、ご紹介した「〜の」の韓国語を使った例文をいくつか見ていきましょう。

 

着物は日本の文化です

기모노는 일본 문화예요キモノヌン イルボネ ムナエヨ.

「文化」の韓国語は「문화ムナ」です。

 

これは私のケーキです

이게 케이크예요イゲ チェ ケイクエヨ.

「ケーキ」は「케이크ケイク」と言います。

 

この時計はあなたの?

이 시계는 거야イ シゲヌン ニコヤ?

?」は「〜なの?」という言い方です。

 

今日の仕事はとても多い

오늘 일은 너무 많아オヌレ イルン ノム マナ.

「仕事」は韓国語で「イル」です。

 

「〜の」の韓国語を使わない場合がある?

韓国語には「〜の」という意味でも、「」を使わない言葉がいくつかあります。

代表的なものだけご紹介しますね。

韓国語 意味
우리 나라ウリナラ 私達の国(韓国を指す)
사람サラム 〜人(国名+人)
マル 〜語(国名+言葉)

韓国人は自国のことを우리 나라ウリナラとよく言います。「우리의ウリエ」の「」は省略されています。

また、「일본 사람イルボン サラム(日本人)」「한국 사람ハングク サラム(韓国人)」など「〜人」、「일본 말イルボンマル(日本語)」「한국 말ハングンマル(韓国語)」など「〜語」という時も「国名」の後の「」を省略します。

 

「〜の」の韓国語まとめ

今回は「〜の」の韓国語の使い方についてお伝えしました。

お伝えしたポイントを簡単にまとめておきたいと思います。

  • 「〜の」の韓国語は「
  • 」の発音は単体では「ウィ」だが「〜の」になると「エ」
  • 「〜の」と言う場合は「〜」の前に単語をつけるだけ
  • 「私の」は「チェ」「」、「あなたの」は「」という省略形を使う
  • 」と「」の発音はどちらも「ネ」なので、「」は「ニ」と発音する

 

「私の」という言葉は日常会話で本当によく使います。

作り方を理解したらフレーズをそのまま覚えて、どんどん使っていくのがオススメですよ!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須