韓国語の動詞の活用の覚え方は難しくない!変化のパターンと活用一覧表

動詞の活用

韓国語の動詞の活用が難しくてなかなか覚えられない・・・

せっかく覚えた動詞の変化のルールなのに、いざ話そうと思ったら出てこなくて落ち込むこともありますよね。

 

韓国語の動詞の活用の基本は、大きく2つに分ける事ができます。

今回は、韓国語の動詞の活用の基本ルールおよび様々な活用パターンと覚え方をお伝えしたいと思います!

 

ポイントを整理して覚えれば、理解しやすく覚えるスピードも速くなりますよ!

動詞活用一覧表を今すぐ見る

 

韓国語の動詞の基本形と活用の基本ルール

ハングルの動詞の活用を覚えていく上で、まず基本形とハングル文字の仕組みを知っておく必要があります。

韓国語の動詞の基本形は「〜다(タ)」という形をとります。

「〜」の部分を語幹、「다(タ)」の部分を語尾と呼びます。

参考 語幹について

語幹とは単語が活用変化する時に変化しない部分の事です。例えば日本語の「書く」という単語の場合、「書きます」「書かない」など「書」の部分は変わらないので語幹になります。

 

ハングルの動詞の語幹と語尾

 

つまり、活用というのは「語尾」の部分が変化することを言うんですね。

動詞の活用の変化には以下のようなものがあります。

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。
例:「書く」という動詞の場合

否定:「~ない」
願望:「~たい」
丁寧:「~ます」
過去:「~した」
仮定:「~ば」
命令:「~なさい!」
勧誘:「~う 」
書く+~ない → 書かない
書く+~たい → 書きたい
書く+~ます → 書きます
書く+~た → 書いた
書く+~ば → 書けば
書く+~なさい! → 書きなさい!
書く+~う → 書こう

 

韓国語の場合も考え方は同じです。

例えば「食べる」という単語「먹다(モクタ)」の場合を見てみましょう。

「먹(モク)」は語幹、「다(タ)」が語尾になります。

 

否定:「~ない」 먹다モクタ(食べる)+지 않다チ アンタ(~ない) → 먹지 않다モクチ アンタ(食べない)
願望:「~たい」 먹다モクタ(食べる)+고 싶다コ シプタ(~たい) → 먹고 싶다モッコ シプタ(食べたい)
丁寧:「~ます」(ヘヨ体) 먹다モクタ(食べる)+어요オヨ(~ます) → 먹어요モゴヨ(食べます)
丁寧:「~ます」(ハムニダ体) 먹다モクタ(食べる)+습니다スムニダ(~ます) → 먹습니다モクスムニダ(食べます)
過去:「~した」 먹다モクタ(食べる)+었다オッタ(~した) → 먹었다モゴッタ(食べた)
仮定:「~ば」 먹다モクタ(食べる)+으면ウミョン(~ば) → 먹으면モグミョン(食べれば)
命令:「~なさい!」 먹다モクタ(食べる)+어라オラ! → 먹어라モゴラ!(食べなさい!)
勧誘:「~う 」 먹다モクタ(食べる)+チャ(~う) → 먹자モクチャ(食べよう)

どうですか?語幹の「먹(モク)」の部分は変わらず、語尾だけが色々な形を取っています。

このように、韓国語の動詞の活用の基本は日本語と変わらないのです。

 

韓国語の動詞の変化は2パターン

さて、先ほど動詞の活用の様々な形をご紹介しましたが、これらは大きく2つに分けることができます。

  • 語幹の形よって語尾の形が変化するもの
  • 語幹の形に関わらず常に同じ形のもの

語幹の形によって変化するものは、

「丁寧(~ます)」の「ヘヨ体」「ハムニダ体」

「過去(~た)」

「仮定(~ば)」

「命令(~なさい!)」

の5つ。

 

語幹の形に関わらず常に同じ形のものは

「否定(~ない)」

「願望(~たい)」

「勧誘(~う) 」

の3つです。

 

韓国語の「丁寧(~ます)」には「ヘヨ体」と「ハムニダ体」があり、ハムニダ体の方がより丁寧でかしこまった表現になります。

 

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

語幹の形よって語尾が変化するパターン

語幹の形によって変化するものは、「丁寧(~ます)」の「ヘヨ体」「ハムニダ体」、「過去(~た)」、「仮定(~ば)」、「命令(~なさい!)」の5つだと言いましたが、 これらはさらに2つのパターンに分けることが出来ます。

  • 語幹の最後の母音の影響を受けるもの
  • 語幹のパッチムの影響を受けるもの

 

まず「語幹の最後の母音の影響を受けるもの」は

「丁寧(~ます)のヘヨ体」、「過去(~た)」、「命令(~なさい!)」の3つで、活用のルールは似ています。

例えば「丁寧(〜ます)」の「ヘヨ体」の活用ルールは以下になります。

  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」の場合→아요(アヨ)をつける
  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」以外の場合→어요(オヨ)をつける

モクタ基本形

「먹다 (食べる)」という動詞では、語幹の最後の母音が「ㅓ(オ)」になるので「먹어요(食べます)」となるわけです。

 

同じように「過去(~た)」と「命令(~なさい!)」の活用ルールは以下になります。

「過去形(~した)」の活用ルール

  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」の場合→았다(アッタ)をつける
  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」以外の場合→었다(オッタ)をつける

 

「命令形(~なさい!)」の活用ルール

  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」の場合→아라(アラ)をつける
  • 語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」もしくは「ㅗ(オ)」以外の場合→어라(オラ)をつける

 

「ㅏ(ア)」と「ㅗ(オ)」を陽母音、それ以外は陰母音と呼び、語幹の最後の母音がどちらなのかで語尾の形が変わります。

それぞれの詳しい内容について、各記事の中で解説していますのでそちらをご覧ください。

 

一方「語幹のパッチムの影響を受けるもの」は

「丁寧(〜ます)のハムニダ体」と「仮定(~ば)」です。

 

パッチムとは

パッチムというのは、「子音+母音」の後に来る「子音(終声)」の事を指します。

ex.パッチムを持つ文字

マルの読み方

以下の記事でパッチムについて解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

「丁寧(〜ます)のハムニダ体」と「仮定(~ば)」は、それぞれ以下のようなルールに従います。

 

「丁寧(〜ます)のハムニダ体」の活用ルール

  • 語幹にパッチムがある場合→語幹+습니다(スムニダ)
  • 語幹にパッチムがない場合→語幹+ㅂ니다(ムニダ)

 

「仮定(~ば)」の活用ルール

  • 語幹にパッチムがある場合→語幹+으면(ウミョン)
  • 語幹にパッチムがない場合→語幹+면(ミョン)

 

「먹다 (食べる)」の場合は語幹「먹(モク)」にパッチムがあるので、「먹습니다(モクスムニダ)」「먹으면(モグミョン)」

「가다(行く)」という動詞の場合は語幹「가(カ)」にパッチムがないので「갑니다(カムニダ)」「가면(カミョン)」となります。

 

パッチムの有無で後ろの単語の形が変わるケースは韓国語ではよくあります。

特に助詞を使う場合に多く、覚えておくととても役に立ちますよ。

以下では、よく使う助詞を一覧でご紹介しています。

また、ハムニダ体の作り方については、以下の記事で詳しく説明しています。

 

語幹の形に関わらず常に同じ形のもの

もう一つは語幹の形に関わらず常に同じ形のパターンで「否定(~ない)」、「願望(~たい)」、「勧誘(~う) 」の3つでしたね。

これらは語幹の母音やパッチムの有無によって形が変わることはありません。

それぞれの活用ルールは以下になります。

否定:「~ない」
願望:「~たい」
勧誘:「~う 」
語幹+지 않다チ アンタ
語幹+고 싶다コ シプタ
語幹+チャ

「먹다(食べる)」の場合、

否定:「~ない」
願望:「~たい」
勧誘:「~う 」
먹다モクタ(食べる)+지 않다チ アンタ(~ない) → 먹지 않다モクチ アンタ(食べない)
먹다モクタ(食べる)+고 싶다コ シプタ(~たい) → 먹고 싶다モッコ シプタ(食べたい)
먹다モクタ(食べる)+チャ(~う) → 먹자モクチャ(食べよう)

となるわけです。

「否定(~ない)」には「語幹+지 않다(チ アンタ)」の形の他に「안(アン) + 動詞」という形もあります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

 

動詞活用一覧表

最後に、よく使う基本的な動詞の活用を一覧表にしておきます。

※スマホの方は→方向にスクロール出来ます。

基本形 丁寧(ヘヨ体) 丁寧(ハムニダ体) 過去形 命令形 否定形 願望 勧誘
가다カダ
行く
가요カヨ
行きます
갑니다カムニダ
行きます
갔다カッタ
行った
가라カラ
行け
가지 않다カジ アンタ
行かない
가고 싶다カゴ シプタ
行きたい
가자カヂャ
行こう
오다オダ
来る
와요ワヨ
来ます
옵니다オムニダ
来ます
왔다ワッタ
来た
오라オラ
来い
오지 않다オヂ アンタ
来ない
오고 싶다オゴ シプタ
来たい
오자オヂャ
来よう
만나다マンナダ
会う
만나요マンナヨ
会います
만납니다マンナムニダ
会います
만났다マンナッタ
会った
만나라マンナラ
会え
만나지 않다マンナヂ アンタ
会わない
만나고 싶다マンナゴ シプタ
会いたい
만나자マンナヂャ
会おう
받다パッタ
受ける
받아요パダヨ
受けます
받습니다パッスムニダ
受けます
받았다パダッタ
受けた
받아라パダラ
受けろ
받지 않다パッチ アンタ
受けない
받고 싶다パッコ シプタ
受けたい
받자パッチャ
受けよう
먹다モクタ
食べる
먹어요モゴヨ
食べます
먹습니다モクスムニダ
食べます
먹었다モゴッタ
食べた
먹어라モゴラ
食べろ
먹지 않다モクチ アンタ
食べない
먹고 싶다モッコ シプタ
食べたい
먹자モクチャ
食べよう
보다ボダ
見る
봐요(ポァヨ)
見ます
봅니다ポムニダ
見ます
봤다ポァッタ
見た
보아라ポアラ
見ろ
보지 않다ポヂ アンタ
見ない
보고 싶다ポゴ シプタ
見たい
보자ポヂャ
見よう
읽다イクタ
読む
읽어요イルゴヨ
読みます
읽습니다イクスムニダ
読みます
읽었다イルゴッタ
読んだ
읽어라イルゴラ
読め
읽지 않다イクチ アンタ
読まない
읽고 싶다イッコ シプタ
読みたい
읽자イクチャ
読もう
마시다マシダ
飲む
마셔요マショヨ
飲みます
마십니다マシムニダ
飲みます
마셨다マショッタ
飲んだ
마셔라マショラ
飲め
마시지 않다マシヂ アンタ
飲まない
마시고 싶다マシゴ シプタ
飲みたい
마시자マシヂャ
飲もう
가르치다カルチダ
教える
가르쳐요カルチョヨ
教えます
가르칩니다カルチムニダ
教えます
가르쳤다カルチョッタ
教えた
가르쳐라カルチョラ
教えろ
가르치지 않다カルチヂ アンタ
教えない
가르치고 싶다カルチゴ シプタ
教えたい
가르치자カルチヂャ
教えよう
빌리다ビルリダ
借りる
빌려요ビルリョヨ
借ります
빌립니다ピルリムニダ
借ります
빌렸다ピルリョッタ
借りた
빌려라ピルリョラ
借りろ
빌리지 않다ピルリヂ アンタ
借りない
빌리고 싶다ピルリゴ シプタ
借りたい
빌리자ピルリヂャ
借りよう
배우다ベウダ
学ぶ
배워요ベウォヨ
学びます
배웁니다ペウムニダ
学びます
배웠다ペウォッタ
学んだ
배워라ペウォラ
学べ
배우지 않다ペウヂ アンタ
学ばない
배우고 싶다ペウゴ シプタ
学びたい
배우자ペウヂャ
学ぼう

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

動詞の活用の基本ルールと最も簡単な覚え方についてお伝えしました。

今日お伝えした内容を以下に簡単にまとめておきますね。

    • 韓国語の動詞の活用の基本ルールは「語尾」が変化すること。
    • 韓国語の動詞の変化のパターンは以下の2パターン。

語幹の形よって語尾の形が変化するもの
語幹の形に関わらず常に同じ形のもの

    • 語幹の形よって語尾が変化するのは以下の2パターン

語幹の最後の母音の影響を受けるもの
語幹のパッチムの影響を受けるもの

 

韓国語は形容詞の活用も動詞と同じ変化をします。

動詞の活用を習得できたら、形容詞も覚えてみてくださいね。

友だち追加

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります