韓国語のパッチムとは?ハングル子音字の種類と発音を一覧で覚えよう

パッチムの画像

韓国語を勉強し始めて、最初にくる難関が「パッチム」です。

ハングルには「子音+母音」の組み合わせ以外に「子音+母音+子音」という組み合わせがあり、それが今日お伝えするパッチム(받침)。

パッチムを理解する事が韓国語の習得を大きく前進させます。

今回は、パッチムの種類と読み方、そして発音の変化まで分かりやすく説明していきたいと思います。

 

韓国語のパッチムとは?

パッチムには2種類のパターンと読み方のルールがあります。

 

パッチムは「横型」と「縦型」の2種類

パッチムのある文字の形は2つになります。

「子音+母音」の組み合わせが横並びの「横型」と縦並びの「縦型」の2つです。

横型のパッチム例

縦型のパッチム例

 

縦型でも横型でも、パッチムの位置やルールに変化はありません。

 

「2音」ではなく「1音」で読む

例えば、パッチムがある「말(言葉)」と「마루(床)」いう文字を読みたいとします。

カタカナ表記ではどちらも「マル」という表記になり、「2音」になりますね。

しかし、「말」は一文字なので一気に「マl」と1音で読むのが正しいのです。

マルの読み方

「パッチムの発音は2音でなく1音である」

これをまず押さえておきましょう。

 

韓国語のパッチム:16個の子音と7つの終声

韓国語の子音字は全部で19個ですが、そのうちパッチムとして使われるのは16個。

ただ、発音の種類は7種類しかありません。(7つにまとめられます。)

 

その7種類は「ㄱ(k)、ㄷ(t)、ㅂ(p)、ㅇ(ŋ)、ㄴ(n)、ㅁ(m)、ㄹ(l)」です。

 

パッチム一覧

16個の子音を7つの終声ごとで分けて一覧で見てみましょう

 

終声 終声の発音 パッチムの子音字 発音の種類
【k】 ㄱ,ㅋ,ㄲ
【t】 ㄷ,ㅌ,ㅅ,ㅆ,ㅈ,ㅊ,ㅎ
【p】 ㅂ,ㅍ
【n】
【m】
【ŋ】
【r】

 

韓国語のパッチム:3種類の発音体系と単語例

パッチムの終声は7つでしたが、発音体系を大きく3種類に区分することができます。

 

「ッ」の発音を持つパッチム

促音のパッチム

 

まず最初は「ッ」のような詰まった音になるパッチムで、これを「促音」と言います。

上の一覧でみると「ㄱ(k)」「ㄷ(t)」、そして「ㅂ(p)」の終声です。

 

これらは基本的に濃音を持つ子音。濃音の発音のコツは「ッ」を前に入れることでした。

「ㄲ(ㅏ)」は「サッカー」の「ッカー」、「ㄸ(ㅏ)」は「バッター」の「ッター」、「 ㅃ(ㅏ)」は「カッパ」の「ッパ」という感じですね。

 

濃音の場合は頭の文字を抜くのでしたが、パッチムの場合は逆に最後の文字を抜くと発音出来ます。

kの音は「삭(サッ sak)」、tの音は「받(バッ bat)」、pの音は「갑(カッ kap)」という感じです。

 

カタカナで表記すると同じ「ッ」になってしまいますが、実際の発音はそれぞれ違います。

 

単語例

  • 백(ペク)・・・百
  • 곧(コッ)・・・すぐに
  • 컵(コプ)・・・コップ

 

 

「ン」と聞こえる発音のパッチム

鼻音のパッチム

 

ここに属するのは「ㄴ(n)」と「ㅇ(ŋ)」そして「ㅁ(m)」になります。

私たち日本人の耳には全て「ン」という音に聞こえますが、実際は少し違います。

「ㄴ(n)」は「나(ナ)」の音から母音を取り除いた時に出る「ン」の音。

「ㅇ(ŋ)」は鼻を抜けて出る「ン」の音になります。

「ㅁ(m)」は「마(マ)」の音から母音を取り除き、上下の唇がひっついた時に出る音です。

 

単語例

  • 만(マン)・・・万
  • 방(パン)・・・部屋
  • 밤(パム)・・・夜

 

③「ㄹ」の発音

リウルのパッチム

パッチムの子音の最後は「ㄹ」。

「라(ラ)」の音から母音を取り除いた「l」の音。舌の位置が上の歯の少し内側の歯茎に付いた状態になります。

 

単語例

  • 발(パル)・・・腕

 

韓国語のパッチムの発音変化

パッチムは文字単体での発音の他に、様々な発音変化を起こします。

その中でも最もよく出てくる「連音化」をご紹介したいと思います。

 

パッチムの連音化と単語例

パッチムの直後に母音が来た場合はその母音と引っ付くというルールを「連音化」と言います。

 

例えば「ご飯(밥)」という単語と「です(이에요)」を並べて「ご飯です(밥이에요)」という文章にする場合

「밥」の「ㅂ」と「이에요」の「이」が連音化し「비(ビ)」になるのです。

パッチムの連音化

1つの単語単位でも同じようにこの規則が適用されます。

連音化の単語例

単語 発音 連音化 意味
「음악」 ウマク ㅁ+ㅏ 音楽
「독일」 トギル ㄱ+ㅣ ドイツ

 

「連音化」以外のパッチムの発音変化は「発音のまとめ」でご紹介しています。

 

子音字を2つ持つダブルパッチム

ここまで紹介してきたパッチムは「1つの子音」で構成されていましたが、パッチムには2つの子音で構成される「ダブルパッチム」をもつ文字が存在します。
ダブルパッチムの基本的なルールは以下になります。

  • 子音は2つあるが、基本的に読むのは1つだけ
  • 子音の組み合わせで、どちらを読むかが決まっている

 

ダブルパッチム一覧と単語例

 

終声と発音 左の文字を読むダブルパッチム 代表的な単語 右の文字を読むダブルパッチム 代表的な単語
ㄴ【n】 ㄵ,ㄶ 앉다(アnタ,座る),

괜찮다(クゥェnチャnタ,大丈夫な)

ㄹ【r】 ㄼ,ㄽ,ㄾ,ㅀ 여덟(ヨドl,8),핥다(ハlタ舐める),

싫다(シlタ,嫌がる)

ㄱ【k】 몫(モk,役目) 注意 읽다(イkタ,読む)
ㅂ【p】 없다(オpタ,ない、いない) 注意 읊다(オpタ,吟ずる)
ㅁ【m】 注意 젊다(ヂョmタ,若い)

 

気をつけよう!

ダブルパッチムの終声は基本的に가나다라順で読むのが決まりですが、例外もあるので気をつけましょう。

ㄻはㄹの方が先だが「ㅁ」を読む。

ㄿはㄹの方が先だが「ㅍ」を読む

ㄺは基本的に「ㄱ」を読むが、ㄺの後にㄱが来ると「ㄹ」の方を読む。
ex.「읽고 (イlコ)」

 

ダブルパッチムの連音化と発音ルール

さてここで、ダブルパッチムの特徴として「読む子音は1つで決まっている」と言いましたが、ダブルパッチムにも連音化の規則が適用され、さらに連音化すると子音2つをどちらも読む事になっています。

これは左の文字を読むパッチム、右の文字を読むパッチムに関わらず適用される規則です。

 

表の単語例でいうと

「앉다(アnタ)」に「〜ます(아요)」をつけた場合の発音は「앉아요(アnジャヨ)」となり、「읽다(イkタ)」に「〜ます(어요)」をつけた場合の発音は「읽어요(イlゴヨ)」となります。

ダブルパッチムの連音化

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

今回は、パッチムの種類と発音までお伝えしました。

色々と覚える事は多く大変かもしれませんが、まずは基本的な7つの終声からマスターしましょう。

終声をある程度覚えたら、実際に文章の中で発音や変化に慣れていくのが力がつく方法。

あまり発音だけに神経質になりすぎずに、勉強を進めていってみて下さいね。

友だち追加

この記事にコメントする

必須

20件のコメントがあります