「〜だよ」は韓国語で何て言う?「〜なんだよ」の言い方もご紹介!

「だよ」の韓国語

今回は「〜だよ」の韓国語についてご紹介します。

「〜だよ」は友達などに使ういわゆるタメ口表現(パンマルといいます)ですよね。

同い年や年下には基本的にパンマルを使います。

仲良くなった韓国人にはパンマルを使うことで、より親しくなる事が出来ますので、ぜひ覚えてみてくださいね!

 

「〜だよ」の韓国語は?

「〜だよ」という言い方は、「これは時計だよ」など名詞に使う場合と「好きだよ」など形容詞に使う場合があります。

それぞれの場合について見ていきましょう。

名詞+だよ

「名詞 + だよ」という場合は「」という韓国語を使います。

例えば以下のような文章です。

例文 これは時計だよ

이게 시계야イゲ シゲヤ.

「時計」は韓国語で「시계シゲ」です。

시계シゲ」にはパッチムがないため「」をそのまま付けますが、パッチムがある場合は「」の前に「」を付けます。

例文 名前はチョングクだよ

이름은 정국이야イルムン チョングギヤ.

정국チョングク」は「グク」にパッチムがあるので、「」の前に「」が付きます。

では、次に動詞と使う場合を見ていきましょう。

形容詞+だよ

「形容詞+だよ」の場合は、まず「ヘヨ体」という形を作ってからそれを変形します。

ヘヨ体とは「〜です」という丁寧な言い方です。

例えば「好き」という形容詞は「좋아하다チョアハダ」と言いますが、「好きです」にすると「좋아해요チョアヘヨ」になります。

そして、「好きだよ」という時は「좋아해요チョアヘヨ」から「」をとって「좋아해チョアヘ」という形にします。

形容詞のパンマルを作るにはまずヘヨ体の作り方を覚える必要がありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

 

「〜なんだよ」の韓国語は?

「好きなんだよ」と少し強めに言いたい場合はどのように表現したらいいでしょうか?

この場合は「好きなんだってば!」というニュアンスの表現を使います。

「好きなんだよ」は「좋아한다니까チョハンダニカ」と言います。

한다ハンダ」は「〜だ」と言い切る時の形で、「니까ニカ」は「〜だから」という意味です。

ドラマなどではよく出てくる表現なので、ぜひ覚えておきましょう。

 

「だよ」の韓国語まとめ

今日は韓国語の「〜だよ」の作り方についてお伝えしました。

パンマル(タメ口)は仲良くなるとよく使うので、ぜひ基本をマスターしてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須