「〜には」の韓国語は?2パターンの言い方と使い分け方をご紹介!

「~には」の韓国語

今回は「〜には」の韓国語をご紹介します。

「日本には寺が多いです」や「私には難しいです」などのフレーズは会話でもよく使いますよね。

ちょっとした一言の「~には」ですが、しっかり使い分けれるようにしましょう。

 

「~には」の韓国語は?2種類の使い分け方を解説

「〜には」という韓国語は以下の2種類に分けられます。

  • 場所や時間・月日に対して使うもの
  • 人に対してつかうもの

では、それぞれ解説していきます。

場所や時間に使う「~には」

場所や時間に使う「~には」は「에는エヌン」と言います。

에는エヌン」は「~に」の「」と「~は」の「ヌン」という言葉を単純に組み合わせた形です。

場所を言う時、例えば「韓国に」は「한국에ハングゲ」と言いますが、これに「ヌン(~は)」を付けて「한국에는ハングゲヌン」と言うと「韓国には」となります。

時間の場合も同様に「9時に」は「아홉시에アホプシエ」で、「9時には」とするには「아홉시에는アホプシエヌン」と言えば良いです。

에는エヌン」はこの他、月日や曜日などに対しても使えます。

例文

12月には雪が降ります

십이월에는 눈이 와요シビウォレヌン ヌニ ワヨ.

金曜日には終わります

금요일에는 끝나요クミョイレヌン クンナヨ.

人に使う「~には」

人に対して使う「~には」には2種類の言い方があります。

それが「에게는エゲヌン」と「한테는ハンテヌン」。

これらも元々「(誰々)に」という時の「에게エゲ」と「한테ハンテ」に「ヌン(~は)」を付けた形になります。

2つの違いは厳密に言うと「에게는エゲヌン」が主に文語(文章の中で使う言葉)で、「한테는ハンテヌン」が口語(会話で使う言葉)という違いです。

ただ、会話の中で「에게는エゲヌン」を使っても通じるとは思いますので、あまり神経質になる必要はありません。

では、例文の中で使い方を見てみましょう。

例文

あなた(君)には未来がある

에게는 미래가 있다ノエゲヌン ミレガイッタ.

私には難しいよ

나 한테 어려워ナハンテヌン オリョウォ.

また、目上の人に使う「~に」の尊敬語に「」という韓国語があります。

丁寧でかしこまった言い方をすべき時には「께는ケヌン」を使うと無難です。

例文 先生には直接電話差し上げます

선생님께는 직접 전화해 드려요ソンセンニムケヌン チクチョプ チョナヘ ドゥリョヨ.

 

「~には」の韓国語まとめ

今回は「〜には」の韓国語2パターンについて、使い方と例文をご紹介しました。

最後に、もう一度ポイントを簡潔にまとめておきたいと思います。

  • 場所や時間・月日などに使う「〜には」の韓国語は「에는エヌン
  • 人に使う「~には」は「에게는エゲヌン」と「한테는ハンテヌン」の2種類
  • 敬語を使う相手への「~には」は「께는ケヌン

大きくは「人」か「それ以外」に分けるだけなので、難しくはないかと思います。

余裕があれば敬語の言い方も覚えて使ってみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須