「会いたい」は韓国語でどう伝える?恋人や友達に使うフレーズまとめ

「会いたい」の韓国語

「会いたい」の韓国語は2種類あります。

보고 싶다ポゴシプタ」と「만나고 싶다マンナゴシプタ」。

どちらも「会いたい」という意味ですが、それぞれニュアンスの違いがあります。

 

そこで今回は、韓国語の中でも必ず覚えておきたい「会いたい」の表現と使い分け方を徹底解説したいと思います。

「会いたい」と韓国語でとっさに言えないと、アイドルにメッセージを伝えるチャンスを逃してしまう事もありますよ!

 

2種類の「会いたい」の韓国語の違いと使い分け方

まずは「보고 싶다ポゴシプタ」と「만나고 싶다マンナゴシプタ」の違いと使い分け方を見ていきましょう。

どちらも2語から構成されたフレーズになります。

フレーズ 構成
보고 싶다ポゴシプタ 보다ポダ(会う・見る) +고 싶다コ シプタ(〜したい)
만나고 싶다マンナゴシプタ 만나다マンナダ(会う) +고 싶다コ シプタ(〜したい)

それぞれ原形は「보다ポダ(会う・見る)」と「만나다マンナダ(会う) 」で、後ろに「고 싶다コ シプタ(〜したい)」という表現を付けた形です。

 

では、2つの違いは何でしょうか?

보고 싶다ポゴシッタ」の方は「ただ会いたい」「会いたいという自分の気持ちをストレートに表現する」というニュアンスです。

一方、만나고 싶다マンナゴシプタ」は「すでに会う約束しているけど、待ち遠しくて会いたい」という場合に使います。

 

例えば好きなアイドルがいて、「とにかく会いたいです」と気持ちを表現する時に使うのは「보고 싶다ポゴシプタ」。

지민 보고 싶다ジミン ポゴシプタ(ジミンに会いたい)」「방탄 보고 싶다パンタン ポゴシプタ(バンタンに会いたい)」と言います。

 

また、「보다ポダ」には「見る」という別の意味が、「만나다マンナダ」は「出会う」という意味も持っています。

보고 싶다ポゴシプタ」で「見たい」、「만나고 싶다マンナゴシプタ」で「出会いたい」というニュアンスで使われる事もあるので、文脈から判断しましょう。

「見る」の使い方は以下の記事で解説していますので、よければご覧くださいね。

 

「会いたい」の韓国語活用・発音一覧

보고 싶다ポゴシプタ」「만나고 싶다マンナゴシプタ」は原形のままで、実際の会話の中では「会いたいです」「会いたかったです」など語尾の表現を変えます。

「会いたい」のフレーズはどちらも「고 싶다コ シプタ」の部分を変化させます。

 

使いたい形をすぐに使えるように、「会いたい」の活用をわかりやすく一覧にしましたので、詳しい解説・発音が見たいものがあれば日本語をクリックしてくださいね。

活用形 現在形
보고 싶다ポゴシプタ
만나고 싶다マンナゴシプタ
過去形
보고 싶었다ポゴシポッタ
만나고 싶었다マンナゴシポッタ
その他の活用
ヘヨ体 보고 싶어요ポゴ シポヨ
만나고 싶어요マンナゴ シポヨ
会いたいです
보고 싶었어요ポゴ シポッソヨ
만나고 싶었어요マンナゴ シポッソヨ
会いたかったです
보고 싶어용ポゴ シポヨン
보고 싶당ポゴ シプタン
会いたいよん(若者言葉)
ハムニダ体 보고 싶습니다ポゴ シプスムニダ
만나고 싶습니다マンナゴ シプスムニダ
会いたいです
보고 싶었습니다ポゴ シポッスムニダ
만나고 싶었습니다マンナゴ シポッスムニダ
会いたかったです
보고 싶지만ポゴ シプチマン
만나고 싶지만マンナゴ シプチマン
会いたいけど
パンマル(タメ口) 보고 싶어ポゴ シポ
만나고 싶어マンナゴ シポ
会いたい
보고 싶었어ポゴ シポッソ
만나고 싶었어マンナゴ シポッソ
会いたかった
보고 싶어져ポゴ シポジョ
만나고 싶어져マンナゴ シポジョ
会いたくなる

 

それでは、それぞれの活用について解説していきたいと思います。

 

丁寧な「会いたいです」「会いたかったです」

「会いたいです」と丁寧にいう場合は「-고 싶어요コ シポヨ」と「-고 싶습니다コ シプスムニダ」の文末表現2つ。

「-고 싶습니다コ シプスムニダ」の方がより丁寧でかしこまった表現になります。

目上の人に「会いたいです」という場合は보고 싶습니다ポゴ シプスムニダ」「만나고 싶습니다マンナゴ シプスムニダを使った方が無難ですね。

 

「会いたかった」と過去形にする場合は「-고 싶었어요コ シポッソヨ」「-고 싶었습니다コ シポッスムニダ」という形になります。

過去形の作り方を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

それぞれの発音は以下を参考にしてください。

現在 発音 過去形 発音
보고 싶어요ポゴ シポヨ
보고 싶었어요ポゴ シポッソヨ
만나고 싶어요マンナゴ シポヨ
만나고 싶었어요マンナゴ シポッソヨ
보고 싶습니다ポゴ シプスムニダ
보고 싶었습니다ポゴ シポッスムニダ
만나고 싶습니다マンナゴ シプスムニダ
만나고 싶었습니다マンナゴ シポッスムニダ

 

友達・恋人にかわいく「会いたい」「会いたかった」

友達・恋人には「パンマル」と呼ばれるタメ口の形を使います。

パンマルの作り方は「〜です」の「」を取ればいいだけです。

 

보고 싶어요ポゴ シポヨ(会いたいです)」から「」をとって보고 싶어ポゴ シポ(会いたい)」

보고 싶었어요ポゴ シポッソヨ(会いたかったです)」から「」をとって보고 싶었어ポゴ シポッソ(会いたかった)」となります。

パンマルの作り方に関しては、以下の記事でも詳しく解説していますのでよければご覧ください。

 

恋人にかわいく「会いたい〜」と言う時は語尾を伸ばして「보고 싶어ポゴ シポ〜」と表現してみましょう。

あまりに言いすぎると「クドイ」と思われる可能性があるので、ほどほどにしておきましょうね(笑)

 

それぞれの発音は以下になります。

現在形 発音 過去形 発音
보고 싶어ポゴ シポ
보고 싶었어ポゴ シポッソ
만나고 싶어マンナゴ シポ
만나고 싶었어マンナゴ シポッソ

 

若者言葉で「会いたいよん」

「会いたい」を若者らしく、かわいく表現した言葉もあります。

それが보고 싶어용ポゴ シポヨン」「보고 싶당ポゴ シプタンなどの表現。

それぞれ「보고 싶어요ポゴ シポヨ」と「보고 싶다ポゴシプタ」の最後に「イウン」パッチムを付けた形ですね。

パッチムとは
パッチムとは、ハングル文字が「子音(初声)+母音(中声)+子音(終声)」の組み合わせの時、最後にくる「子音(終声)」の事を指します。

ex.パッチムを持つ文字
マルの読み方

 

パッチムの種類や発音について以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

イウン」は鼻に抜けていく「ン」の大人ので「〜よん」というようなニュアンスを醸し出します。

「会いたいよん」というような、ちょっとおどけた表現ですね。

 

また、보고 싶어ポゴ シポ」を子音のハングルだけにした略語が「ㅂㄱㅅㅇ」。

 

どちらもSNSなどで若者がよく使う表現なので、覚えて使ってみてくださいね。

 

逆説の「会いたいけど」

「本当は会いたいけど会えない」というような文章を作る時に使うのが보고 싶지만ポゴ シプチマン」「만나고 싶지만マンナゴ シプチマン

「-지만チマン」は「〜だけど〜」という逆説を表す言葉です。

 

「本当は会いたいけど」の時の「本当は」は「実際の心は」というニュアンスなので、「사실은サシルン(実は)」という言葉がしっくりきます。

本当の心としては会いたいけど、何か会えない事情があるんでしょうね。切ないです。。(ㅠ_ㅠ)

本当は会いたいけど会えない

사실은 보고 싶지만 못 봐サシルン ポゴシプチマン モッパ.

〜できない」は「モッ」という単語を使います。

 

「会いたくなる」の韓国語は?

「会いたくなる」は「보고 싶어져ポゴ シポジョ」「만나고 싶어져マンナゴ シポジョ」と言います。

「〜したくなる」は「고 싶어 지다コ シッポジダ」。

ただ、「会いたくなる」という表現は日常会話ではあまり使う事はなく、「会いたい」とストレートに表現するのが一般的ですね。

 

「会いたい」気持ちを表現するその他の韓国語フレーズ

ここまでは「会いたい」の基本的な活用について伝えてきましたが、その他よく使うフレーズをいくつかご紹介します。

 

「◯◯に会いたい」

「◯◯に会いたい」と言う時にとても間違えやすいポイントがあります。

それが「〜に」という部分。

「〜に」という韓国語は「〜」ですが、「〜に会う」という場合の「〜に」は「을/를ウル ルル(〜を)」を使います。

 

을/를ウル ルル(〜を)」は前の名詞にパッチムがあるか無いかで使い分けます。

前の名詞にパッチムがある場合・・・ウルを使う

前の名詞にパッチムが無い場合・・・ルルを使う

 

それぞれの場合の例文を見てみましょう。

ママに会いたい(パッチムなし)

엄마를 보고 싶어オンマルル ポゴシッポ.

 

あの人に会いたい(パッチムあり)

그 사람을 보고 싶어クサラムル ポゴシッポ.

 

ただ、実は「을/를ウル ルル(〜を)」を省いても十分意味が通じます。

助詞一つを入れるだけでも結構ややこしくて混乱したりするので、初心者の方は最初は「을/를ウル ルル(〜を)」を省いて使うのがおすすめですよ!

 

「もう一度会いたい」

「もう一度会いたい」は다시 한번 보고 싶어タシハンボンポゴシッポと言います。

 

「もう一度」という意味の「다시 한번タシハンボン」というフレーズはよく使う表現。

「もう一回、もう一回」と言う時に「한번ハンボン」を省いて「다시タシ다시タシ」と繰り返して言ったりします。

 

「再び」「また」という意味で「」という単語もあります。

다시タシ」との違いと使い分け方を以下の記事でご紹介していますので、よければご覧くださいね。

 

「会いたい」の韓国語まとめ

今回は2種類の「会いたい」の韓国語と様々な表現をお伝えしました。

最後にお伝えした内容のポイントをまとめておきます。

  • 「会いたい」の韓国語は「보고 싶다ポゴシプタ」「만나고 싶다マンナゴシプタ」の2つ
  • 보고 싶다ポゴシプタ」はストレートに「ただ会いたい」というニュアンス
  • 만나고 싶다マンナゴシプタ」は「すでに約束してて待ち遠しい」というニュアンス
  • 보다ポダ」は「見る」、「만나다マンナダ」は「出会う」という意味もある
  • 「会いたいです」「会いたかったです」は「보고 싶어요ポゴ シポヨ」「보고 싶습니다ポゴ シプスムニダ」(만나다マンナダも同じ)
  • 「会いたい」「会いたかった」のタメ口は「보고 싶어ポゴ シポ」「보고 싶었어ポゴ シポッソ」(만나다マンナダも同じ)
  • 「会いたい」の若者言葉は「보고 싶어용ポゴ シポヨン」「보고 싶당ポゴ シプタン」、略語は「ㅂㄱㅅㅇ」

 

「会いたい」は恋人や大好きなアイドルがいるなら必ず覚えておきたいワンフレーズ。

若者が使う略語なども覚えて、SNSでもぜひやり取りしてみてくださいね!

 

 

友だち追加

この記事にコメントする

必須

3件のコメントがあります