韓国語で「オモニ」ってどういう意味?ハングルと使い方を覚えよう

オモニ

韓国語で「オモニ」は「お母さん」という意味です。

ドラマを見ているとお母さんの事を「オモニ」と呼ぶ他、「オンマ」と呼んでいるシーンをよく見ますね。

そこで今回は、韓国語の「オモニ」のハングルと意味、使い方までを分かりやすく解説します!

 

「オモニ」のハングルと意味・発音

「オモニ」はハングルで書くと「어머니」です。

어머니オモニ」は「お母さん」という意味になります。

発音のポイントは「」の発音の時に、口を大きく開ける事です。

お兄さん、お姉さんなど兄弟姉妹を呼ぶ時には、男女どちらが使うかで呼び方が変わりますが、お母さんの場合は男女関係なく어머니オモニ」と言います。

お兄さん、お姉さんの呼び方については以下で詳しく解説しています。

お父さんの場合も男女の区別なく「아버지アボジ」です。

 

「オンマ」ってどういう意味?

お母さんを呼ぶ時の韓国語で「オンマ」という単語もあります。

オンマはハングルで書くと「엄마」

엄마オンマ」は幼い子がお母さんを呼ぶ時の「ママ」という意味の韓国語です。

そのため、成人した大人が使うのは基本的に「어머니オモニ」になります。

ただ、女性に多いのが大人になっても「엄마オンマ」を使うパターン。

大人になっても「엄마オンマ」を使っていると、少し甘えた印象になります。

韓国では家族関係が強く、韓国ドラマでもよくお金持ちのお嬢さんが「엄마オンマ」と呼んでるシーンを見ますよね。

同じく父のことは「パパ」に該当する韓国語아빠アッパを使っています。

男性の場合は基本的に「어머니オモニ(お母さん)」「아버지アボジ(お父さん)」を使うのが一般的です。

 

「オモニ」のちょっと違った使い方をご紹介

実は自分の母を呼ぶ時以外にも「어머니オモニ」を使う事があります。

それが「◯◯(人の名前)のお母さん」という呼び方。

例えば友達の名前が「지형ジヒョン」だった場合、「지형 어머니ジヒョンオモニ(ジヒョンのお母さん)」という呼び方をします。

その他、「어머니オモニ」を使った単語には以下のようなものがあります。

韓国語 日本語
친어머니チノモニ 実の母
새어머니セオモニ 継母
어머니날オモニナル 母の日
하루머니ハルモニ おばあちゃん

 

韓国語の「オモニ」まとめ

今回は韓国語の「オモニ」のハングルと使い方をご紹介しました。

大人になっても「オンマ」を使う韓国人も意外と多いので、「オモニ」との違いも覚えてぜひニュアンスを捉えてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須