「娘」は韓国語で何て言う?ハングルと読み方・発音を覚えよう!

「娘」の韓国語

「娘」は韓国語で「タル」と言います。

同じ「娘」でも、どのような対象かによって「お嬢さん」など呼び方は変わりますよね。

今回は「娘」の韓国語と色々な呼び方をまとめてみました。

発音のポイントなども解説しますので、ぜひマスターしてみてくださいね!

 

「娘」の韓国語と発音

「娘」はハングルで書くと「딸」

発音はカタカナで「タル」と表記されますが、実際は少し違います。

「タ」の音が少し詰まった音で、小さい「ッ」を前に入れたような音です。

以下の音声を参考にしてみてください。

タル」の発音音声

カタカナの「タル」と言うと、「タル(月)」という単語の発音になりますので、区別しましょう。

タル」は「うちの娘です」や「娘がいます」など、人に紹介する時に使う単語。

娘が二人いる場合は、上の娘を「큰딸クンタル」、下の娘を「작은딸チャグンタル」と呼びます。

「一人娘」という時は「외동딸ウェドンタル」と言います。

では、次に「娘」の呼び方を見ていきましょう。

 

立場で変わる?娘を呼ぶ時の韓国語を覚えよう

「娘」と言っても、相手によって「娘さん」や「お嬢さん」と呼んだりしますよね。

韓国でも立場で使い分けます。

「娘さん・お嬢さん」の韓国語は?

例えば上司の娘を呼ぶ時などに「娘さん」や「お嬢さん」と言うことがあると思います。

この場合は「ニム(様)」という言葉を付けて따님タニムと言います。

かなり丁寧な言い方なので、必要に応じて使いましょう。

また、よくドラマなどで「아가씨アガシ」と呼んでいるのを見たことがあるかもしれません。

아가씨アガシ」は年配の人がが若い女性に対して「お嬢さん」と呼ぶ時の言葉。

居酒屋などで若い店員さんに対して呼んだり、少し品のないイメージがあるので、出来ればあまり使わないほうが良いでしょう。

親が娘を呼ぶときは?

親が娘を呼ぶ時は名前で呼びます。

まあ当然と言えば当然ですが、韓国語の特徴として名前の後ろに「」もしくは「」を付けます。

名前にパッチムがある場合は「」ない場合は「」を付けるルールです。

例:

다현ダヒョン(ダヒョン)の場合→다현아ダヒョナ

미나ミナ(ミナ)の場合→미나야ミナヤ

」と「」の使い方は以下の記事でご覧いただけます。

「娘」の韓国語を使った会話フレーズ

では、最後に「娘」の韓国語を使った例文をご紹介します。

私の娘です

우리 딸입니다ウリ タリムニダ.

「私の娘」と言う場合は우리ウリ(私達)」を使います。

可愛い娘です

귀여운 딸이에요キヨウン タリエヨ.

可愛い〜」は韓国語で「귀여운キヨウン」と言います。

娘さんはおいくつですか?

따님 몇살이에요タニム ミョッサリエヨ?

おいくつですか?」は「몇살이에요ミョッサリエヨ?」です。

娘と一緒に来ました

딸이랑 같이 왔어요タリラン カッチ ワッソヨ.

〜と一緒に」は「이랑 같이イラン カッチ」と言います。

 

「娘」の韓国語まとめ

今回は「娘」の韓国語についてお伝えしました。

以下にポイントをまとめておきます。

  • 「娘」の韓国語は「タル
  • 「タ」の発音はちょっと詰まった音
  • 上の娘は「큰딸クンタル」、下の娘は「작은딸チャグンタル
  • 丁寧な「お嬢さん」は「따님タニム
  • 아가씨アガシ」は少し品のない「お嬢さん」
  • 「うちの娘」は「우리 딸ウリ タル

「娘」は挨拶で紹介する時などに使うので、ぜひ覚えておきましょう。

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須