「カジャ」は韓国語で「行こう」の意味!ハングルと使い方を覚えよう

韓国語の「カジャ」

韓国ドラマでしょっちゅう出てくる「カジャ」という言葉。

似たような言葉に「ハジャ」や「マジャ」など色々あってこんがらがったりしますよね。

そこで今回は、韓国語「カジャ」の書き方や意味、使い方をわかりやすく解説していきます。

「カジャ」だけでなく、「ハジャ」や「マジャ」など色々な言葉がわかれば、韓国ドラマが一層楽しめるようになりますよ!

 

「行こう」の韓国語「カジャ」のハングルと意味

「カジャ」はハングルで書くと「가자」です。

たまに「カチャ」と読む人もいますが、「カジャ」が正しい発音になります。

가자カジャ」は「行こう」という意味で、相手に呼びかける言葉。

「さあ、行こう」というニュアンスで急かす時には、가자가자カジャカジャと繰り返して言ったりもします。

ただ、「가자カジャ」は友達や年下の相手に対して使うタメ口(パンマル)です。

目上の人などに丁寧に言う場合は갑시다カプシダ(行きましょう)」と言います。

「カジャ」と「ハジャ」「マジャ」はどう違う?

「カジャ」とよく似た言葉で、これまた韓国ドラマによく出てくる「ハジャ」や「マジャ」という言葉もありますね。

「ハジャ」はハングルで「하자」と書き、「やろう」という意味です。

가자カジャ」は「行こう」で「하자ハジャ」は「やろう、しよう」。

この2つの言葉をちょっと文法的に解説すると以下のようになります。

韓国語 가자カジャ 하자ハジャ
組み合わせ 가다カダ(行く)+ ジャ(〜しよう) 하다ハダ(する)+ ジャ(〜しよう)

가자カジャ」の元々の形(原形といいます)は「가다カダ(行く)」、「하자ハジャ」の原形は「하다ハダ(する)」で、それぞれ「ジャ(〜しよう)」と組み合わせた言葉です。

ヘンウナ
ヘンウナ
하자ハジャ」はその前に単語をつけて「〜하자ハジャ(〜しよう)」という使い方もします。
例:공부 하자コンブハジャ(勉強しよう)、 운동 하자ウンドンハジャ(運動しよう)

一方「マジャ」は「맞아」と書き、「そうだね」という相づちの表現です。

「〜しよう」というニュアンスを持つ「가자カジャ」や「하자ハジャ」とは別の言葉になります。

맞아マジャ」と似た意味の韓国語で「クレ」という言葉もあり、「맞아マジャ」との違いや使い方を以下の記事で解説しています。

 

「カジマ」は韓国語でどんな意味?

가자カジャ」と同じくらいよく使われるセリフに「カジマ」というフレーズもあります。

가자カジャ」と何となく似ているから、これまたややこしいですね。

「カジマ」のハングルは「가지마」で、「行かないで」という意味になります。

가지마カジマ」は「가다カダ(行く)+ 지마チマ(〜しないで)」の組み合わせです。

지마チマ(〜しないで)」もよく使われる言葉で、「하다ハダ(する)」と組み合わせて「하지마ハジマ」というと「しないで、やめて」という意味になります。

 

韓国語「カジャ」のまとめ

今回は韓国語の「カジャ」の意味と使い方、また「ハジャ」や「マジャ」との違いまで解説しました。

最後に、もう一度ポイントをまとめておきたいと思います。

  • 가자カジャ」は「行こう」という意味のタメ口表現
  • 「行きましょう」は「갑시다カプシダ
  • 하자ハジャ」は「やろう」、「맞아マジャ」は「そうだよ」という意味
  • 가지마カジマ」は「行かないで」という意味

韓国ドラマを見ていると似た様な言葉が多くて、覚えるのが大変かもしれません。

少しでも文法的な事も覚えてみると、「なるほど、そういうことか」と理解できたりもするので、良ければ韓国語の基礎も学んでみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須