「~ですが」の韓国語は2種類!違いと使い分け方を分かりやすく解説

「ですが」の韓国語

「~ですが」という場合の韓国語は2種類あります。

それが「지만チマン」と「는데ヌンデ」。

同じ「~ですが、~だけど」という意味の韓国語ですが、少しニュアンスが異なります。

今回は2種類の「~ですが」の韓国語について分かりやすく解説します!

 

「ですが」の韓国語と違い

先ほどお伝えした通り「ですが」の韓国語は以下の2種類になります。

지만チマン 는데ヌンデ
ニュアンス 前の文章と反対の事を言う(逆説)
「しかし」と近いニュアンス
前の文章で前提条件を示す
「だけど」に近いニュアンス

これだけだと分かりづらいと思うので、具体的な例文と一緒にそれぞれ見ていきましょう。

 

지만チマン」の使い方と注意点

지만チマン」は前の文章に対して反対の事を言う場合に使います。

例文 お腹がすいてるけど何もない

배가 고프지만 먹을 거 없어ペガ コップジマン モグルコ オプソ.

お腹がすく」は「배가 고프다ペガ コップダ」と言います。

먹을 거モグルコ」は「食べるもの」、「없어オプソ」は「ない」という意味です

例文 ちょっと寒いですが大丈夫

조금 춥지만 괜찮아チョグム チュプチマン ケンチャナ.

寒い」は韓国語で「춥다チュプタ」です。

このように「お腹がすいている」「寒い」などの状況に対して、逆の内容になります。

지만チマン」は前に名詞が来るときは「」が付くので注意しましょう。

例文 高いお菓子だけどまずい

비싼 과자이지만 맛없다ピッサン クァジャイジマン マドプタ.

「美味しくない」は「맛없다マドプタ」です。

また、「ですが~」を文頭において逆の意見を続ける時は「하지만ハジマン」という形になります。

例文 ですが、やらないと。

하지만 해야지ハジマン ヘヤジ.

해야지ヘヤジ」は「やらないとね」という意味です。

 

는데ヌンデ」の使い方と注意点

一方「는데ヌンデ」は、前の文章を前提において話を続ける場合に使います。

例文 お腹がすいたんですが、何かある?

배가 고팠는데 먹을 거 있어ペガ コッパンヌンデ モグルコ イッソ?

있어イッソ」は「ある」という意味です。

「お腹がすいた」という前提を置いて話を続けていますね。

는데ヌンデ」は逆説にする場合でも使えます。

例文 頑張ったけど出来なかった

열심히 했는데 잘 못 했어ヨルシミ ヘンヌンデ チャルモッテッソ.

「頑張る」は「열심히 하다ヨルシミハダ」と言います。

는데ヌンデ」はとてもよく使う表現ですが、ちょっと使い方が難しいフレーズでもあります。

以下に使い方と注意点を書いていきますが、初心者の方は参考程度に知っておけばよいと思います。

는데ヌンデ」は前に来る単語によって、形が以下のように変わります。

単語の種類 는데ヌンデ」の形
前の単語が動詞、過去形の場合 는데ヌンデ
前に来る言葉が形容詞の場合 은데ウンデ(パッチムあり)
ㄴ데ンデ(パッチムなし)
前に来る言葉が名詞の場合 인데インデ

1つ目の「動詞or過去形」の「는데ヌンデ」に関しては、最初の例文でご紹介しているので、残りの「形容詞」と「名詞」について解説します。

形容詞が前に来る場合

形容詞が前に来る場合は「은데ウンデ」もしくは「ㄴ데ンデ」という形に変化します。

은데ウンデ」は前の形容詞にパッチムがある場合。

例えば「良い」という意味の「좋다チョッタ」を使った例で見てみましょう。

例文 良いですが、いくらですか?

좋은데 얼마예요チョウンデ オルマエヨ?

いくらですか?」は韓国語で「얼마예요オルマエヨ?」と言います。

一方、パッチムがない形容詞が来る場合は「ㄴ데ンデ」という形になります。

「忙しい」という単語の「바쁘다パップダ」の例で見てみましょう。

例文 忙しいですが、何の用ですか?

바쁜데 웬일이에요パップンデ ウェニリエヨ?

「なんの用ですか?」は「웬일이에요ウェニリエヨ?」と言います。

名詞が前に来る場合

名詞が前に来る場合は「인데インデ」という形に変化します。

例えば以下のような文章で使います。

例文 日本人ですが大丈夫ですか?

일본사람인데 괜찮아요イルボンサラミンデケンチャナヨ?

大丈夫です」は「괜찮아요ケンチャナヨ」と言います。

例文 勉強中ですが、来てもいいよ

공부중인데 와도 돼コンブチュンインデ ワドテ.

勉強」は韓国語で「공부コンブ」です。

 

「ですが」の韓国語まとめ

今回は2種類の「ですが」の韓国語と使い分け方についてご紹介しました。

는데ヌンデ」は逆説でも使えますが、前に来る単語によって形が変わる難しさがあるので、余裕があったら覚えてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須