「教えてください」は韓国語で2パターン!意味と使い方を徹底解説!

「教えて」の韓国語

韓国語で「教えてください」という言い方は2種類あります。

「住所を教えてください」と「意味を教えてください」ではニュアンスが少し違うからです。

今回は2種類の「教えてください」の韓国語と使い分け方を例文と一緒に解説していきたいと思います!

似たフレーズなので、こんがらがってしまわないようにしっかり覚えましょう。

 

「教えてください」の2つ韓国語と使い分け方

「教えてください」の韓国語は以下の2つ。

韓国語 가르쳐 주세요カルチョジュセヨ 알려 주세요アルリョ ジュセヨ
組み合わせ 가르쳐カルチョ(教える)+ 주세요ジュセヨ(〜してください) 알려アルリョ(知らせる)+ 주세요ジュセヨ(〜してください)
元々の形 가르쳐 주다カルチョジュダ(教えてあげる) 알려 주다アルリョジュダ(知らせてあげる)
発音

どちらも元々は「가르쳐 주다カルチョジュダ(教えてあげる)」「알려 주다アルリョジュダ(知らせてあげる)」という形。

주다ジュダ(あげる)」を「주세요ジュセヨ」にすると「〜してください」という意味になります。

가르쳐カルチョ教える)」と「알려アルリョ(知らせる)」のニュアンスは以下の違いです。

가르쳐カルチョ:元々の形は「가르치다カルチダ(教える)」で、「先生がわからない事を教える」というイメージ

알려アルリョ:元々の形は「알리다アルリダ(知らせる)」で、「住所など、事実や情報などを知らせる」というイメージ

「勉強」や「仕事」などで教えて欲しい事がある場合は「가르쳐 주세요カルチョジュセヨ」、「〜を知らせて欲しい」という場合は「알려 주세요アルリョ ジュセヨ」と覚えておきましょう。

 

「教えて」は韓国語で何ていう?

友達などに「〜を教えて」とフランクに言いたい場合は가르쳐 줘カルチョジョ」「알려 줘アルリョ ジョと言います。

주다ジュダ(あげる)」を「ジョ」にすると、パンマルと呼ばれるタメ口表現になります。

ヘンウナ
ヘンウナ
가르쳐 줘カルチョジョ」と「알려 줘アルリョ ジョ」は慣れ親しんだ友達に使うのは問題ありません。まだ会って間もない相手にお願いする場合はもう少し丁寧な가르쳐 줘요カルチョジョヨ」「알려 줘요アルリョ ジョヨを使うのが無難ですよ。

以下、言い方と発音一覧です。

가르쳐 줘カルチョジョ タメ口(パンマル)
가르쳐 줘요カルチョジョヨ より丁寧
알려 줘アルリョ ジョ タメ口(パンマル)
알려 줘요アルリョ ジョヨ より丁寧

 

「教えて下さい」のよく使う韓国語例文

2つの「教えて下さい」の使い分けがわかったかと思いますので、具体的な例文をいくつかご紹介します。

住所を教えてください

주소를 알려 주세요チュソルル アルリョジュセヨ.

「住所」は韓国語で「주소チュソ」と言います。

意味を教えてください

뜻을 가르쳐 주세요トゥスル カルチョジュセヨ.

「意味」は「トゥッ」と言います。「의미ウィミ」という韓国語もありますが、日常会話では「トゥッ」を使います。

カカオのidを教えてください

카톡아이디 알려 주세요カトク アイディ アルリョジュセヨ.

「カカオトーク」は略語で「카톡カトク」と言います。

韓国語の発音教えて

한국어 바름을 가르쳐ハングゴパルムル カルチョジョ.

韓国語」は「한국어ハングゴ」、発音は「바름パルム」です。

 

「教えてください」の韓国語まとめ

今回は、2パターンの「教えて下さい」の韓国語表現についてご紹介しました。

最後にお伝えした内容をまとめておきたいと思います。

  • 「教えてください」の韓国語は「가르쳐 주세요カルチョジュセヨ」と「알려 주세요アルリョ ジュセヨ
  • 가르쳐 주세요カルチョジュセヨ」は勉強や仕事のわからない事を「教えて」というイメージ
  • 알려 주세요アルリョ ジュセヨ」は「住所」など事実や情報を「知らせて」というイメージ
  • 「教えて」のタメ口(パンマル)は「가르쳐 줘カルチョジョ」「알려 줘アルリョ ジョ

韓国語も韓国文化も初めて間もない時はわからない事ばかり。

「教えて下さい」の韓国語を覚えて、韓国人に色々と訪ねてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須