韓国語の「だから」はクレソとクロニカ!接続語尾「〜だから」の言い方は?

韓国語の「だから」

韓国語で「だから」は「クレソ(그래서)」と言います。

同じく「だから」を意味するもう一つの接続詞が「クロニカ(그러니까)」です。

どちらも「だから」という意味の接続詞ですが、微妙にニュアンスと使い方の違いがあります。

 

また「だから」には接続詞以外に「〜だから」という接続語尾として使う場合もありますよね。

この「〜だから」のハングルは「서(ソ)」と「니까(ニカ)」。

「あれ?」と思った方。その通り。

「〜だから」は「クレソ(그래서)」の「ソ(서)」と「クロニカ(그러니까)」の「ニカ(니까)」なんです。

作り方のルールは少し違う点もありますが、使い方はほぼ同じ。セットで覚えてしまえば、習得が早まります。

 

今回は、韓国語の接続詞および接続語尾としての「だから」について分かりやすくお伝えします!

「だから」を習得する事で、どんどん文章を繋げて会話を続けられるようになりますよ!

 

文頭で使う接続詞の「だから」の韓国語

まず、前の文と後の文をつなぐ役割をする接続詞としての「だから〜」を意味するハングルを2つご紹介します。

그래クレ」+「」の「그래서クレソ

接続詞「그래서(クレソ)」は「そうだ」という意味の「그래(クレ)」と「〜から(理由)」の「서(ソ)」が1つになって出来た単語です。

直訳すると「そうだから〜」で「だから、それで」という意味の接続詞になります。

「그래(クレ)」の原形は「그렇다クロッタ(そうだ)」という形容詞で、「그렇다(クロッタ)」から派生した単語がたくさんあります。

 

그렇다クロッタ」+「니까ニカ」の「그러니까クロニカ

実はもう一つの「だから」の接続詞「그러니까(クロニカ)」も「그렇다クロッタ(そうだ)」から派生した単語。

그렇다クロッタ(そうだ)」と「〜から(理由)」の「니까(ニカ)」が1つになって「그러니까クロニカ(そうだから)」という意味の単語になります。

 

그래서クレソ」と「그러니까クロニカ」の違いと使い分け

同じ「だから」を意味する「그래서(クレソ)」と「그러니까(クロニカ)」ですが、ニュアンスと使い方の違いがあります。

主な相違点は以下の3点。

「그래서(クレソ)」  「그러니까(クロニカ)」
後の文に命令文・勧誘文・依頼文は使えない 後の文に命令文・勧誘文・依頼文も使える
単に事実だけを述べる 意思や意見が含まれている
前の文(理由・原因)が客観的である 前の文(理由・原因)が主観的である

 

この3点はそれぞれ関連性があることがわかります。命令・勧誘・依頼にはその人の主観や意思が含まれていますよね。

言葉だけではなかなかイメージしにくいと思いますので、実際の例文を見てみましょう。

 

그래서(クレソ)を使った文

아침에 갑자기 두통이 왔다.그래서 시험을 못 봤다. (アッチメ カプチャギ ドゥトンイ ワッタ.クレソ シホムル モッパッタ)

朝突然頭痛がした。だから試験を受けられなかった。

「頭痛がしたから試験を受けられなかった」というのは単に原因と結果の事実を述べているだけですね。

 

それに対して以下の3つの例文は「〜だからこうしよう、こうしてください」という意思を含んだ依頼、勧誘になります。

그러니까(クロニカ)を使った文

태풍이 온다고요.그러니까 일짹 집에 가자. (テップンイ オンダゴヨ.クロニカ イルチク チベ カヂャ)

台風が来るらしい。だから早めに帰ろう。

 

이대로는 문제를 해결할수 없어요.그러니까 방볍을 바꿔 주세요. (イデロヌン ムンヂェルル ヘギョラルス オプソヨ.クロニカ パンボブル パックォ ヂュセヨ)

このままでは問題は解決しません。だから方法を変えてください

 

오늘은 내키지 않는다.그러니까 내일 가기로 한다. (オヌルン ネキヂ アンヌンダ.クロニカ ネイル カギロ ハンダ)

今日は気乗りがしない。だから行くのは明日にする

 

韓国語で会話する時に「그래서(クレソ)」と「그러니까(クロニカ)」のどっちを使っていいか分からない時は、後の文脈に命令・勧誘、依頼文が来る時は「그러니까(クロニカ)」を使うと覚えておきましょう。

 

接続語尾「〜だから」の韓国語

「〜だから」という接続語尾は名詞・動詞・形容詞について使われます。

冒頭でもご紹介した通り「〜だから」という意味を持つ単語は以下の2つ。

    • 「〜서(ソ)」
    • 「〜니까(ニカ)」

「그래서(クレソ)」と「그러니까(クロニカ)」に使われてる「〜から(理由)」を意味する2つですね。

「서(ソ)」と「니까(ニカ)」は動詞・形容詞につく場合と、名詞につく場合の作り方のルールがそれぞれあります。

 

またそれぞれの使い分けのポイントも一緒に見ていきましょう。

 

「〜だから」の「〜」の作り方

「〜だから」の接続語尾「서(ソ)」は形容詞・動詞の後につく場合と、名詞の後につく場合で作り方のルールが異なります。

 

動詞と形容詞の後につく場合

動詞と形容詞に「서(ソ)」をつけて「〜だから」という形を作る場合は、以下の手順で作ります。

  1. 動詞と形容詞のヘヨ体を作る。
  2. ヘヨ体の「요(ヨ)」を「서(ソ)」に代える

ヘヨ体とは「〜です、ます」をつけた丁寧な文末表現の事。

韓国語の動詞と形容詞の基本形は「〜(〜だ、〜する)」で、ヘヨ体にするには文末に「요(ヨ)」を付けます。

ヘヨ体の作り方にはいくつかルールがあり、単語ごとに少しずつ異なります。

ヘヨ体の作り方については以下の記事でご覧いただけます。

 

話は「서(ソ)」の付け方に戻ります。

例えば「먹다モクタ(食べる)」という動詞に「서(ソ)」をつける場合、「먹다(モクタ)」のヘヨ体「먹어요(モゴヨ)」の「요(ヨ)」を「서(ソ)」に代えて「먹어서モゴソ(食べたから)」となります。

その他の形容詞、動詞の場合も同じです。

 

名詞の後につく場合

名詞に「서(ソ)」を付ける場合は動詞、形容詞とは違って形を変化させる必要はありません。

その代わり「서(ソ)」の形を変える必要があります。ルールは以下の通りです。

名詞の最後にパッチムがない場合・・・名詞+라서(ラソ)

名詞の最後にパッチムがある場合・・・名詞+이라서(イラソ)

「서(ソ)」の前に「(이)라イラ」がつきます。

 

パッチムとは

パッチムとは、ハングル文字の「子音+母音+子音」の組み合わせで出来た文字の最後に来る「子音(終声)」の事を指します。

ex.パッチムを持つ文字

縦型のパッチム例

 

以下の記事でパッチムについて詳しく解説しています。

 

例えば「주부チュブ(主婦)」は最後の文字にパッチムがないので

주부라사チュブラソ(主婦だから)」 となり、

회사원フェサウォン(会社員)」は最後の文字にパッチムがあるので

회사원이라서フェサウォニラソ(会社員だから)」 となります。

 

「〜だから」の「〜니까ニカ」の作り方

「니까(ニカ)」も「서(ソ)」の時と同じく、形容詞・動詞の後につくのか名詞の後につくのかで作り方のルールが違います。

動詞と形容詞の後につく場合

動詞と形容詞に「니까(ニカ)」をつける場合は以下のルールに従います。

動詞・形容詞の語幹 + (으)니까ウニカ

 

参考 語幹とは

語幹とは単語が活用変化する時に変化しない部分の事です。例えば日本語の「飲む」という単語の場合、「飲みます」「飲まない」など変わらない「飲」の部分が語幹になります。

韓国語の動詞と形容詞の基本形は「〜(〜だ、〜する)」で、語幹は「〜」の部分になります。

モクタ基本形

語幹の最後の文字にパッチムがある場合、「니까(ニカ)」の前に「 으(ウ)」がつきます。

語幹にパッチムがない場合・・・語幹 + 니까(ニカ)

語幹にパッチムがある場合・・・語幹 +으니까(ウニカ)

 

それぞれの例を見てみましょう。

사랑하다サランハダ(愛する)」の語幹は「사랑하サランハ」でパッチムがないので、

사랑하니까サランハニカ(愛してるから)」 になります。

一方、「좋다チョッタ(良い)」という形容詞の語幹は「チョッ」でパッチムがあるので、

좋으니까チョウニカ(良いから)」 になります。

 

名詞の後につく場合

名詞に「니까(ニカ)」をつける場合は以下のルールに従います。

名詞 + (이)니까イニカ

 

名詞に 「니까(ニカ)」を付ける場合は、名詞の最後の文字のパッチムの有無によって形が変わります。

語幹にパッチムがない場合・・・語幹 + 니까(ニカ)

語幹にパッチムがある場合・・・語幹 +이니까(イニカ)

배우ベウ(俳優)」は最後の文字にパッチムがないので

배우니까ベウニカ(俳優だから)」

연예인ヨネイン(芸能人)」はパッチムがあるので

연예인이니까ヨネイニニカ(芸能人だから)」となります。

 

「〜」と「〜니까ニカ」の使い分けのポイント

それぞれの作り方のルールは分かったけど、「どうやって使い分けるの?」「何か違いがあるの?」というのが次に浮かぶ疑問ですよね。

韓国語で「〜だから」と使う時の「〜서(ソ)」と「〜니까(ニカ)」の違いと使い分けのポイントを押さえておきましょう。

 

「〜서(ソ)」と「〜니까(ニカ)」の違いと使い分けのポイントは以下の4つです。

  • 文法的な違い(過去形にするかしないか)
  • 後の文が命令文・勧誘文・依頼文かどうか
  • 後の文が意思や意見を含むかどうか
  • 前の文(理由・原因)が主観的なものかどうか

 

一番目の文法的な違いを除いて、使い分けのポイントとしては実は「그래서(クレソ)」と「그러니까(クロニカ)」の時と同じになります。

「서(ソ)」 「니까(ニカ)」
後の文に命令文・勧誘文・依頼文は使えない 後の文に命令文・勧誘文・依頼文も使える
単に事実だけを述べる 意思や意見が含まれている
前の文(理由・原因)が客観的である 前の文(理由・原因)が主観的である

 

単に事実だけを述べる例文(「서(ソ)」を使う)

아침에 갑자기 두통이 와 시험을 못 봤다. (アッチメ カプチャギ ドゥトンイ ワソ シホムル モッパッタ)

朝突然頭痛がして試験を受けられなかった。

後の文に勧誘文が入る例文(「니까(ニカ)を使う」)

태풍이 온다고 하니까 일짹 집에 가자. (テップンイ オンダゴハニカ イルチク チベ カヂャ)

台風が来るらしいから早めに帰ろう

後の文に命令・依頼文が入る例文(「니까(ニカ)を使う」)

이대로는 문제를 해결할수 없으니까 방볍을 바꿔 주세요. (イデロヌン ムンヂェルル ヘギョラルス オプソヨ.クロニカ パンボブル パックォ ヂュセヨ)

このままでは問題は解決しないから方法を変えてください

 

「〜서(ソ)」は「〜だから」という意味ですが、日本語に訳す時は「〜して」と訳したほうが自然な場合が多いです。

 

最後に、文法的な違いについてだけ説明しておきますね。

 

「〜」は過去形にしない

文法的な違いとは、「〜したから〜です(でした)」という過去の原因について話す時、「서(ソ)」を使う時は動詞や形容詞を過去形にせず、「〜니까(ニカ)」を使う時は過去形にする点です。

 

例えば以下の文章をみてみます。

아침에 갑자기 두통이 와서 시험을 못 봤다. (アッチメ カプチャギ ドゥトンイ ワソ シホムル モッパッタ)

朝突然頭痛がして試験を受けられなかった。

 

아침에 갑자기 두통이 왔으니까 시험을 못 봤다. (アッチメ カプチャギ ドゥトンイ ワッスニカ シホムル モッパッタ)

朝突然頭痛がしたので試験を受けられなかった。

 

形は異なりますが、意味としては同じです。

 

まとめ

今回は「だから」を意味する韓国語についてお伝えしました。

以下に内容をまとめておきますね。

  • 接続詞の「だから」は「그래서(クレソ)」と「그러니까(クロニカ)」の2つ
  • 接続語尾の「〜だから」は「서(ソ)」と「니까(ニカ)」の2つ
  • それぞれの使い分け方のポイントは以下の3つ
    後の文が命令文・勧誘文・依頼文かどうか
    後の文が意思や意見を含むかどうか
    前の文(理由・原因)が主観的なものかどうか
  • 「서(ソ)」を動詞・形容詞につける場合はヘヨ体の「요(ヨ)」を「서(ソ)」に代える
  • 「서(ソ)」を名詞につける場合は「名詞+(이)라서イラソ
  • 「니까(ニカ)」を動詞・形容詞に付ける場合は「語幹 +(으)니까ウニカ
  • 「니까(ニカ)」を名詞に付ける場合は「名詞 +(이)니까イニカ
  • 「서(ソ)」は後の文が過去形の場合も過去形にならない

韓国語の接続詞には「그래서(クレソ)」と「그러니까(クロニカ)」の他にも「그렇다クロッタ(そうだ)」との複合語として作られたものが存在します。

同じ原形を持つ単語を一緒に覚える事で、ボキャブラリーを増やしやすくなります。

よく使う接続詞に「그럼クロム(では、じゃあ)」がありますが、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

友だち追加

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります