韓国語の「マシッタ」の意味は?ハングルと2種類の使い方を解説!

マシッタ

「マシッタ」は韓国語で「美味しい」という意味です。

「マシッタ」とよく似た「マシッソ」「マシケッタ」というフレーズもあり、初心者には少しややこしいかと思います。

そこで今回は、韓国語「マシッタ」のハングルと意味や使い方、「マシッソ」「マシケッタ」との違いまでわかりやすく解説します!

どれもよく使われるフレーズなので、ぜひマスターしてみてくださいね。

 

韓国語「マシッタ」のハングルと意味・使い方

「マシッタ」はハングルで書くと「맛있다」

맛있다マシッタ」は「美味しい」という意味の韓国語の元の形(原形といいます)です。

この「맛있다マシッタ」の形を色々変えて「맛있어요マシッソヨ(美味しいです)」などのフレーズになります。

「マシッタ」の使い方は2パターン

맛있다マシッタ」は「美味しい」の原形ですが、そのままの形で使うことがあります。

それが独り言の時と自分の感情を表現するとき。

一人で何かを食べていて「美味しいな」と思った時に「맛있다マシッタ」とつぶやきます。

また、相手がいる場面でも「美味しい」と思った感情を思わず漏らす時に「맛있다マシッタ」と言ったりします。

原形での感情表現はネイティブもよく使うので、ぜひマスターしてみてください。

 

「マシッタ」と「マシッソ」「マシケッタ」の違いは?

カタカナで書くと「マシッタ」とよく似ている「マシッソ」「マシケッタ」というフレーズ。

それぞれの意味と使い方をご紹介します。

マシッソ

「マシッソ」はハングルで書くと「맛있어」

実は「美味しいです」の「맛있어요マシッソヨ」から「」をとった形です。

」は「~です」という意味の丁寧な言い方で、「」を取るとタメ口表現(パンマルと言います)になります。

なので、맛있어マシッソ」は「美味しい」という意味になりますが、「맛있다マシッタ」とはニュアンスが異なります。

맛있다マシッタ」は自分の感情を表現するのに対して、「맛있어マシッソ」や「맛있어요マシッソヨ」は相手に話す時の表現です。

カタカナだと1文字違いですが、使い方は異なるので覚えておきましょう。

マシケッタ

「マシケッタ」はハングルで書くと「맛있겠다」

こちらも1文字「ケッ」という音が入っていますが、「美味しそう」という意味の韓国語になります。

「~ケッタ」で「~そう」という表現でよく使われるので、覚えておいてくださいね。

 

「マシッタ」を使った韓国語フレーズ

最後に「맛있다マシッタ」を使った韓国語のフレーズをいくつかご紹介します。

めちゃ美味しい

아주 맛있다アジュ マシッタ.

아주アジュ」は「とても」という意味の少し砕けた表現。

「めちゃ」というニュアンスです。

マジ美味しい

진짜 맛있다チンチャ マシッタ.

진짜チンチャ」も「マジ」という意味で、さらに砕けた表現になります。

韓国語「マシッタ」のまとめ

今日は韓国語「マシッタ」のハングルと意味、使い方をご紹介しました。

以下にポイントをまとめておきます。

  • 「マシッタ」はハングルで書くと「맛있다
  • 맛있다マシッタ」は「美味しい」という韓国語の原形
  • 맛있다マシッタ」は独り言や感情表現する時に使う
  • 「美味しい」と相手に伝える時は「맛있어マシッソ
  • 맛있겠다マシケッタ」は「美味しそう」という意味

맛있다マシッタ」は感情を表現する表現。

よりネイティブらしく見える言葉なので、ぜひ使い方を覚えてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須