「(笑)」の韓国語の打ち方は?wwwなどSNSで笑いを表現しよう

笑の韓国語

日本でSNSをする時に、しょっちゅう使われる「(笑)」や「www」など笑いの表現。

実は韓国語でも「(笑)」や「www」に該当する表現が存在します。

同じ笑いの表現ですが、それぞれちょっとしたニュアンスの違いがあるので、まとめてみました!

バラエティ番組のテロップなどでもよく使われる表現なので、ぜひ覚えてみてくださいね!

 

「(笑)」の韓国語は?意味と使い分け方

笑いの表現には以下のようなものがあります。

打ち方 元々の韓国語
ㅋㅋㅋ 크크크ククク
ㅎㅎㅎ 흐흐흐フフフ하하하ハハハ호호호ホホホなど
ㅍㅍ 프프ププ

どれも元になっている韓国語の子音だけを並べた表現で、一般的によく使われるのは「ㅋㅋㅋ」と「ㅎㅎㅎ」の2つです。

「ㅋㅋㅋ」と「ㅎㅎㅎ」の違いは敢えて言うなら以下のような感じ。

ㅋㅋㅋ・・・声に出して大きく笑うニュアンス

ㅎㅎㅎ・・・少し上品にフフフと笑うニュアンス

日本語でも「くくく」や「ふふふ」と言うのと音が似ているので、イメージが掴みやすいのではないでしょうか。

そこまで大きな違いはないので、「(笑)」や「www」にどちらを使うのかは好みで大丈夫

ただ、どちらも数には注意が必要です。

数が2個以下になって「ㅋ、ㅎ」や「ㅋㅋ、ㅎㅎ」と書くと、ちょっと皮肉ったような笑いの表現になります。

3個で使うのが通常で、4個以上になると、数が増えるにしたがって「爆笑」度合いが増します。

「(笑)」や「www」なども、文脈や使い方によって少しニュアンスが変わってきますよね。

より細かいニュアンスを表現したい場合は「ㅋ」と「ㅎ」の数を変えて表現すると伝わりやすいと思います。

「ㅍㅍ」は「프프ププ」の子音を並べた表現。

こちらも日本語の「ププ」と同じで、思わず吹き出すような笑いを表現する時に使います。

「(笑)」の韓国語を使ったSNSの会話例

実際に韓国人とのやり取りで「(笑)」や「www」をどのように表現するか、会話例をご紹介します。

ヘンウナ
ヘンウナ
ムォ?(何?)
유나
유나
그냥クニャンㅎㅎ(何となく、(笑))
ヘンウナ
ヘンウナ
숙제 했어スクチェ ヘッソ?(宿題した?)
유나
유나
아니,아직アニアジクㅋㅋㅋㅋ(いや、まだ、www)
ヘンウナ
ヘンウナ
빨리 해야지パルリヘヤジ.(早くやらないと)
유나
유나
괜찮아ケンチャナ.ㅋㅋㅋ(大丈夫www)

 

その他の「笑い」を表す韓国語

「ㅋㅋㅋ」や「ㅎㅎㅎ」ほどは使われませんが、その他の「笑い」を表す韓国語には以下のようなものがあります。

打ち方 読み方 ニュアンス
ㅋㄷㅋㄷ キドゥキドゥ くすくすと笑う
깔깔 カルカル 声を高らかに大声で笑う
フッ 得意げに笑う
헤헤헤 へへへ 照れ笑い
방긋 バングッ にっこり笑う

また、「笑い」は韓国語で「웃슴ウッスム」と言います。

웃슴ウッスム」をカッコで囲んで「(웃슴)」と打つと、日本語の「(笑い)」そのものと言えます。

子音を並べた表現は入力が楽なのでよく使われますが、「(웃슴)」と打つ人もいますよ。

 

「笑い」の反対「泣き」の韓国語は?

「笑い」の反対に悲しさを表現する「泣き」についても一緒に覚えておきましょう。

「泣き」を表す場合は、ただの文字というよりは顔文字( 이모티콘イモティコンと言います)になります。

韓国語で泣いている顔を表現する時は「ㅜㅜ」もしくは「ㅠㅠ」。

「ㅠㅠ」の方が激しく泣いている様子を表しています。

この他にも顔文字や絵文字は色々ありますので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

「(笑)」の韓国語まとめ

今回は「(笑)」や「www」に該当する韓国語をご紹介しました。

「ㅋㅋㅋ」と「ㅎㅎㅎ」を使うことが圧倒的に多いので、余裕があればその他の表現も覚えてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須