韓国語「チェソンハムニダ」の意味は?ハングルと使い方を覚えよう!

チェソンハムニダ

「チェソンハムニダ」は韓国語で「すみません」「申し訳ありません」という意味の謝罪の言葉。

韓国語の勉強をしていると、謝る時に「ミアナムニダ」という言葉もよく出てきますよね。

「チェソンハムニダ」と「ミアナムニダ」はニュアンスと使い方が異なります。

今回は謝る時のフレーズ「チェソンハムニダ」と「ミアナムニダ」の違いを整理してみました。

場面に応じて使い分けられた方が良いので、ぜひマスターしてくださいね!

 

「チェソンハムニダ」のハングルと意味・発音

「チェソンハムニダ」はハングルで書くと「죄송합니다」です。

죄송チェソン」は漢字にすると「罪悚」で少し難しい字ですが、「迷惑をかけてすまない」という意味になります。

죄송합니다チェソンハムニダ」はとても丁寧でかしこまった言い方。

もう少し柔らかくいう時は「죄송해요チェソンヘヨ」と言います。

発音は以下の音声で確認してみてください。

죄송합니다チェソンハムニダ」の発音音声

죄송해요チェソンヘヨ」の発音音声

 

「チェソンハムニダ」と「ミアナムニダ」の違いは?

「ミアナムニダ」はハングルで「미안합니다」と書きます。

미안합니다ミアナムニダ」も謝る時に使うフレーズです。

では「죄송합니다チェソンハムニダ」との違いは何でしょうか?

미안합니다ミアナムニダ」は主に友達や年下などに対して使うフランクな「ごめんなさい」になります。

それに対して「죄송합니다チェソンハムニダ」は目上の人に対して使う丁寧な表現です。

また、「미안합니다ミアナムニダ」は過ちの強度が少し弱く感じた時、「죄송합니다チェソンハムニダ」は強度を強く感じた時という分け方も出来ます。

日常会話では主に「미안합니다ミアナムニダ」を使うことが多く、友達や恋人などフランクな関係の人には「미안해ミアネ」というタメ口(パンマル)を使います。

道で知らない人にぶつかった時に「すみません」という時などは「죄송합니다チェソンハムニダ」を使うのがいいでしょう。

ヘンウナ
ヘンウナ
ただ、実際韓国人は道で肩がぶつかった時に謝ることはほとんどありません(笑)

 

「チェソンハムニダ」に対する返事は?

相手から「죄송합니다チェソンハムニダ」と言われた場合はどう返すのがいいでしょうか?

아니에요アニエヨ(いえいえ)」や「괜찮아요ケンチャナヨ(大丈夫です)」と言います。

その他にも様々な言葉はありますが、基本的には上記の2つをまずは覚えましょう

 

「チェソンハムニダ」を使った会話フレーズ

最後に「죄송합니다チェソンハムニダ」を使ったよく使う会話フレーズをご紹介します。

先生、すみません

선생님 죄송합니다ソンセンニム チェソンハムニダ.

先生」は「선생님ソンセンニム」で、「미안합니다ミアナムニダ」より「죄송합니다チェソンハムニダ」を使う方が良いです。

本当にすみません

정말 죄송합니다チョンマル チェソンハムニダ.

本当に」は「정말チョンマル」と言います。

すみませんが、よろしくお願いします

죄송합니다만 잘 부탁합니다チェソンハムニダマン チャル プタカムニダ.

「〜ですが」は「マン」、「よろしくお願いします」は「잘 부탁합니다チャル プタカムニダ」と言います。

 

韓国語の「チェソンハムニダ」まとめ

今回は韓国語の「チェソンハムニダ」の意味と使い方を解説しました。

以下にポイントをまとめておきます。

  • 「チェソンハムニダ」はハングルで「죄송합니다」
  • 죄송합니다チェソンハムニダ」はかしこまった丁寧な「すみません」
  • 미안합니다ミアナムニダ」はより日常的な「すみません」
  • 죄송합니다チェソンハムニダ」と言われた時の返事は「아니에요アニエヨ(いえいえ)」や「괜찮아요ケンチャナヨ(大丈夫です)」など

日常会話で使うのは基本的に「미안합니다ミアナムニダ」ですが、大切な場面では「죄송합니다チェソンハムニダ」を使うべき時もあるので、ぜひ覚えておきましょう。

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須