「太陽」は韓国語で「태양テヤン」?「해ヘ」?違いと使い分け方を解説

「太陽」の韓国語

「太陽」は韓国語で「태양テヤン」と言います。

一方、韓国語を勉強していると「太陽」が「」と書かれている事があり、「どっちが正しいの?」と思う時があります。

今回は「太陽」の韓国語「태양テヤン」と「」の違いと使い方まで解説します!

 

2つの「太陽」の韓国語の違いと使い分け方

「太陽」という意味の韓国語は「태양テヤン」と「」になります。

この2つの単語の違いは「漢字語」か「固有語」かという部分です。

韓国語には元々漢字から作られた「漢字語」と、独自に作られた「固有語」があります。

태양テヤン」は「漢字語」、「」は「固有語」です。

実際の使い方としては、「」は「日が昇る」「日が沈む」という場合に使います。

日が昇る 해가 뜨다ヘガ トゥダ
日が沈む 해가 지다ヘガ ジダ

一方、「태양テヤン」は「太陽が眩しい」という使い方をします。

太陽が眩しい 태양이 눈부시다テヤンイ ヌンブシダ

ちなみに、「日差し」は韓国語で「햇빛ヘッピッ」と言います。

では次に、よく使う会話フレーズをご紹介します。

 

「太陽」の韓国語を使った会話フレーズ

「太陽」に関する会話でよく使うフレーズをいくつかご紹介します。

太陽が眩しいです

태양이 눈부셔요テヤンイ ヌンブショヨ.

「眩しいです」は「눈부셔요ヌンブショヨ」という形になります。

日が沈むまでやろう

해가 질때까지 하자ヘガ ジルテカジ ハジャ.

「〜する時まで」は「-ㄹ 때까지ル テカジ」と言います。

太陽のように明るいね

태양같이 밝으네テヤンガッチ パルグネ.

「〜のように」は「같이ガッチ」と言います。

 

「太陽」の韓国語まとめ

今回は2つの「太陽」の韓国語の違いと使い方をご紹介しました。

「日が昇る」「日が沈む」はよく使う表現なので、「」の代表的なフレーズとして覚えてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須