「自分」の韓国語特集!自身を表す色々な表現・使い方を覚えよう!

「自分」の韓国語

「自分」は韓国語で「자기チャギ」と言います。

「自分で作る」や「自分のもの」など、「自分」を使った表現は色々ありますよね。

文脈やシチュエーションによって、違った表現を使う方がふさわしい事もあります。

そこで今回は様々な「自分」の韓国語と使い分け方などをまとめてご紹介します!

 

「自分」の韓国語と使い分け方を例文でご紹介

「自分」は韓国語で「자기チャギ」。

자기チャギ」は例えば以下のような文章で使います。

例文 自分の事は自分でしなきゃ

자기 일은 스스로 해야지チャギ イルン ススロ ヘヤジ.

자기チャギ」一般的な「自分」を表す文脈で使う単語になります。

ただ、「自分で」という言い方は別の表現で「스스로ススロ」と言います。

스스로ススロ」は基本的に目上の人から目下の人、もしくは友達などフランクな相手に使う表現。

目上の人に向かって使うと失礼になるので気をつけましょう。

自分自身を指して使う事は可能です。

例文 自分で作るよ

스스로 만들게ススロ マンドゥル ケ.
例文 自分でも出来るよ

스스로도 할수있어ススロド ハルスイッソ.

また、「자기チャギ」と同じような使い方の単語で「자신ジャシン」という言葉もあります。

자신ジャシン」は「自身」という漢字からきており、「自分自身」は韓国語で「자기자신チャギジャシン」と言ったりもします。

例文 (自分)自身のためにやってるよ

자신을 위해서 하고있어ジャシヌル ウィヘソ ハゴイッソ.

ちなみに「自信」という単語も同じ「자신ジャシン」になります。

자신이 있어ジャシニ イッソ(自信がある)」という文脈で使うので、区別してくださいね。

 

その他の「自分」を指す韓国語

「僕」「私」などの一人称や「あなた」などを指して「自分」という表現を使う事もありますよね。

これらの言い方を見ていきましょう。

「僕が」「私が」という場合

「僕が」「私が」という言い方は「내가ネガ」と「제가チェガ」の2種類。

내가ネガ」は友達や恋人などフランクな相手に使う時、「제가チェガ」はより丁寧な言い方になります。

自分で自身の事を指して「自分が」という場合は「내가ネガ」と「제가チェガ」を使うのが一般的です。

例文 私が(自分が)やります

제가 하겠습니다チェガ ハゲッスムニダ.

」と「チェ」は「自分のもの」を指して「내 거ネコ」「제 거チェコ」(僕、私のもの)という表現でもよく使います。

例文 これは僕の(自分のもの)だよ

이게 내 거야イゲ ネコヤ.

「あなたが」という場合

「あなたが(自分が)やって」など、相手の事を指して「自分」という時は「네가ニガ」と言います。

「네」の本来の発音は「ネ」ですが、「」と区別するために「ニ」と発音します。

例文 自分でやってよ

네가 해ニガ ヘ.

また「알아서アラソ(分かって)」という表現も一緒によく使います。

네가 알아서 해ニガ アラソ ヘ(自分で分かってやって)」という感じです。

 

「自分」の韓国語まとめ

今回は「自分」の韓国語と色々な使い方をお伝えしました。

最後にポイントをまとめておきます。

  • 「自分」は韓国語で「자기チャギ
  • 「自分で」は「스스로ススロ
  • 「自身」の韓国語は「자신ジャシン
  • 「僕」「私」の一人称の「自分」は「」と「チェ
  • 「あなた」を指す「自分」は「

「自分でやります」などの表現は日常会話でもよく使うフレーズ。

場面に応じた使い分け方を覚えて、ぜひ使ってみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須