「下」は韓国語で2種類!ハングルと使い分け方を例文で覚えよう!

「下」の韓国語

「下」の韓国語は2種類あります。

それが「아래アレ」と「ミッ」。

これらにはニュアンスの違いと使い分け方がありますが、例文で覚えるのが分かりやすいです。

そこで今回は、「下」を表す2種類の韓国語と使い分け方をご紹介します。

 

「下」の韓国語のハングルと使い分け方

「下」の韓国語の違いは以下になります。

아래アレ ミッ
ニュアンス 基準より低い位置 事物の下、下の方
対象 物・身分・年齢・地位など

아래アレ」は「空の下」や「机の下」など基準より低い位置にある物を指して使います。

また、身分や年齢、地位などに対しても使われる単語です。

一方、「ミッ」は「足の下」や「海の下」など、事物の下にある物を指して使います。

では、よく使われる例文を実際に見てみることにしましょう。

 

「下」の韓国語を使った例文

2種類の「下」を使ったフレーズをいくつかご紹介します。

カバンは机の下にあるよ

가방이 책상 아래에 있어カバンイ チェクサンアレエ イッソ.

「机」という基準より下にある事を指します。

海の下には生物が多いです

바다 밑에는 생물이 많아요パダミテヌンセンムリマナヨ.

「海の中」を指します。「아래アレ」を使うと海底より下という意味になってしまいます。

空の下には色々な人々が住んでいます

하늘 아래에는 여러 사람들이 살고 있어요ハヌル アレエヌンヨロサラムドゥリ サルゴイッソヨ.

ミッ」を使うと空中を指す事になります。

木の下で待ってて

나무 밑에서 기다려ナムミテソキダリョ.

「木の側」を指します。

電源は右下です

전원이 오른쪽아래예요チョヌォニ オルンチョクアレエヨ.

「右下」は「오른쪽아래オルンチョクアレ」と言います。

足の下にあるよ

발 밑에 있어パルミテイッソ.

足のすぐ下を指します。

「下」の韓国語まとめ

今回は2種類の「下」を表す韓国語の違いと例文をお伝えしました。

場合によってはどちらを使うべきか迷う事もあるかもしれませんが、よく使う表現を覚えて感覚を掴んでくださいね!

友だち追加

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります