「〜様」は韓国語で「님(ニム)」!使い方をわかりやすく解説!

「様」の韓国語

韓国語で「〜様」は「〜ニム」と言います。

韓国語を勉強していると「〜」という呼び方もよく聞きますよね。

そこで今回は「〜ニム」と「〜」の使い方の違いをまとめてみました。

 

「〜様」の韓国語「님(ニム)」の使い方

ニム」は日本語で「〜様」という言葉に該当する敬称です。

日本語と同じようにかなり丁寧な相手の呼び方にあたります。

わかりやすい例だと接客の時に「お客様」と言いますよね。

韓国語でも「고객님コゲンニム」と言います。

また、日本語では自社の「社長」や「部長」などに「様」をつけて呼ぶことはありませんが、韓国語では「ニム」を付けます。

ドラマなどでよく出てくる呼称には以下のようなものがあります。

日本語 韓国語
会長 회장님フェヂャンニム
理事 이사님イサニム
社長 사장님サヂャンニム
部長 부장님ブヂャンニム
課長 과장님クァヂャンニム
先生 선생님ソンセンニム

日本では相手の会社の人を呼ぶ場合には「様」を付けますね。

手紙やメールで「◯◯様へ」という時は?

手紙やメールを送る時に「◯◯様へ」という時は「◯◯님께ニムケ」と言います。

◯◯の部分には直接名前を入れても使います。

「木村様」なら「키무라님キムラニム」で、ニム」は役職以外にも使えます。

特にビジネスなどの場面ではよく使われる表現です。

 

「님(ニム)」と「씨(シ)」の違いは

ニム」は役職以外に名前に付けても使えますが、同じく名前に付けて使う「」という単語があります。

どちらも敬称ですが、「」は「〜さん」に該当する言葉です。

なので、「ニム」の方が、よりかしこまった丁寧な表現になります。

」でも十分丁寧な言い方ですが、接客などでは「ニム」を使った方がお客さんにはより丁寧な印象を与えられますよ。

 

韓国語の「〜様」まとめ

今回は「〜様」の韓国語表現についてお伝えしました。

日本とはちょっと違った役職名に付けた使い方があります。

ドラマなどではよく出てくる表現なので、ぜひ覚えてみてくださいね!

友だち追加

最初のコメントをしよう

必須